スポンサーリンク

マレーシア航空2018年新春セールやってるよ。ビジネスクラスのFOP単価は9円台〜

マレーシア航空はビジネスクラスでも値段が安い割に、かなり快適で、CAさんのサービスもいい感じでユルくて気に入って乗っています(よく遅れるのが玉に瑕。)

マレーシア航空はワンワールド所属なので、JALのマイルやFOP(フライオンポイント)に積算できるのもメリット。

個人的には2017年にはマレーシア航空にたくさん乗ってJGCプレミアまで達成しました。

マレーシア航空は定期的にセールを開催しており、2018年1月は初売りセールをやっています。
今回の対象期間は2018年1月9日~7月20日と結構長め。

お得な運賃が出ていればラッキーですが・・・今回はどんな感じか見てみます!




ビジネスクラスセールの諸条件など

公式HP:https://www.malaysiaairlines.com/jp/ja/deals.html
販売期間 〜2018年2月2日
搭乗期間  2018年1月9日から7月20日まで。
予約クラス DかZ
受託手荷物 40キロまで無料
途中降機 1回4,000円
日付変更 不可

あら、以前からずっとチェックしていたので過去のものと比較すると、日付変更が15000円で可能だったのが、不可になっていますね。

T&Cの画面はこちら。

実際に購入する場合は、ご注意ください。

JALのFOPに加算可能

マレーシア航空はワンワールド所属なので、対象運賃であればJALのFOPに加算可能です。

FOPの貯め方、JGC(JALグローバルクラブ)の目指し方についてはこちらにまとめておりますのでよければどうぞ。

JGC修行解脱!JAL上級会員になる方法・そのメリットと費用【JGC修行の全て:2018年版】

2017.04.01

計算の仕方についてのJALの公式ページはこちら

スクリーンショット 2017-02-23 11.17.55
搭乗区間の基本マイルに往復で2倍、さらにビジネスクラス加算で1.25倍されます。

区間の基本マイルはmileage calculatorで調べられます。

実際には微妙に計算上と違った数値が加算されますが、まあ誤差の範囲内なのでざっくりこれで大丈夫です。

マイル・FOPの加算は、マレーシア航空で発券する時に、JALのマイレージ番号を登録する画面があるのでそこで入力しておくだけ。

あとは何もしなくてもフライト後自動的に登録されます。だいたい、経験的には約10日後くらいに加算されます(が、人によって長くかかったという報告もあります。。)

行き先と値段・FOP単価

ではお値段チェックです。例によって行き先が多いので主要なところのみピックアップ。FOPは成田発着で計算したものにしました。

(関空からも設定がありますが、距離が短くなるので獲得マイル・FOPは下がります)

順番はマレーシア国内、東南アジア圏内、それより遠方の順。

マレーシア航空利用時は、成田or関空からまずクアラルンプールへ飛び、そこから各地へ乗り換えることになります。

その第一区間のフライトは、こんな感じです。

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西ークアラルンプール】MH53

2017.02.17
行き先 最低価格 総額 往復FOP FOP単価
クアラルンプール 100000 104720 8375 12.50
コタキナバル 100000 104600 10925 9.57
ランカウイ 100000 104600 8998 11.62
バンコク 100000 105370 10233 10.29
シンガポール 100000 105450 8908 11.83
ジャカルタ 100000 103880 10213 10.17
プーケット 100000 105730 9385 11.26
バリ島(DPS) 100000 104300 11500 9.06
シドニー 190000 202190 18675 10.82

この部分は毎回、記事を書くときに前回のセール時の値段を上書きしながら書いているのですが、前回11月のセール時とはあまり値段は変わらず(つまり以前よりは値上がりしている)、です。

(マレーシア国内は、ちょっと安くなりました)

ざっとこれまでのセール記録を並べておきますと・・・

過去のセール一覧
2017年11月:2018年5月5日から6月30日まで対象の謎期間。バンコクまで10万円。
2017年9月:バンコクでFOP単価9.8円。あまり安くない。対象期間も短い。
2017年7月:ほぼ値上げのまま据え置き。バンコクまで税抜き9.6万円。
2017年5月:ここから値上げ。バンコクまで税抜き10万円。
2017年2月ここが安かった!バンコクまで税抜き8万、シドニーまで12.5万!
2017年2月:台北発券で安かったとき。
2017年1月:2017年のNEW YEAR SALE。バンコクまで税抜き10万円。あまり安くない。
2016年11月バンコク発券で激安。東京まで往復ビジネスクラス7.2万円

(それぞれハイパーリンクから、当時の記事に飛べます)

昔は成田〜クアラルンプール〜バンコク往復ビジネスクラスが8万円台だったので、うーむ、最近はこれ以上安くならんなぁというのが実感。

ただ、2017年に私が買ったシドニー行きビジネスクラス往復12.5万円だったセールは、2月に開催されたものだったのでもしかしたら今年も2月頃にこれより安い運賃が出る・・・という可能性は、ありますかね。。

スポンサーリンク



マレーシア航空ビジネスクラスについて

マレーシア航空って乗ったことないけど大丈夫?という方や、ビジネスクラスのシートや機内食・アメニティが気になる方はこちらをどうぞ。

マレーシア航空ビジネスクラスのすべて【安全性・安く買う方法・シート・ラウンジまで】

2017.08.11

機材についてはマレーシア航空のビジネスクラスシートは日本からクアラルンプールまではA330-300の新ビジネスクラスシートその先は近場はB737-800となっています。それぞれの搭乗記のリンクはこちら。

関連記事:マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西〜KUL〜シドニー】MH53&MH123

関連記事:マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【バンコク-クアラルンプール】MH783

IMG_1501

マレーシア航空A330-300のビジネスクラスはフルフラット・シート。

昔はフラットと言ってもちょっと傾いていて、寝るとずれていくタイプだったようですが、今は完全なフルフラットになりました。結構快適です。

マレーシア航空は新型機A350-900を順次導入していますので、そのうち東南アジア路線でも乗る機会があるかもしれませんが、とりあえずマレーシア航空の看板路線:ロンドン〜クアラルンプールから投入される予定になっています。

参考サイト:one mile at a timeのこの記事

また、クアラルンプールでの乗り継ぎにはマレーシア航空の旗艦ラウンジ:ゴールデンラウンジが使用可能。

その内部はこちらをどうぞ。ちょっとシャワーがしょぼいのが残念ですが、広いし快適です。

クアラルンプール:ゴールデンラウンジ・サテライト訪問記【マレーシア航空】

2017.01.18

ちなみに2018年1月頃まではゴールデンラウンジ・サテライトは2017年末にリニューアル工事がありました。

今から予約する便に乗る頃には、綺麗になっているかもしれませんね!

(シャワーの出力強化を、期待したい。。)

【注意】クアラルンプールのゴールデンラウンジが一時休業ですって【年明けまで】

2017.10.28

ゴールデンラウンジの他には、ビジネスクラス利用であればキャセイラウンジが使えます。
こっちの方が雰囲気が好きという方もいると思いますが、若干狭いのが難点でしょうか。

クアラルンプール国際空港:キャセイパシフィック航空(CX)ラウンジ訪問記

2017.10.26

まとめ

マレーシア航空のビジネスクラスは安いし快適だし、お手軽にビジネスクラスを楽しむにはオススメです。

以前はもうちょっと安かったのですが、最近はクアラルンプール経由の東南アジア各都市が10万円って金額設定が多くなってきました。

もっと安かったら、飛びつきやすいんですけどねぇ・・・。

こちらもどうぞ

ビジネスクラスのアメニティってどんなもの?JAL、ANA、マレーシア航空で並べてみました。

飛行機のアメニティは持ち帰りしていいの?JAL&ANAビジネスクラス・アメニティを完全比較!スリッパは案外大活躍。

2016.10.23










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です