スポンサーリンク

タクシーの運ちゃん達に聞く本当に美味しい宮古そば・厳選おすすめ3店!【全部行ってみた】

沖縄の島・宮古島といえば抜群に綺麗な海なのですが、宮古に行ったら是非食べてもらいたいのが宮古そば!カツオだしベースのそばなのですが、店によってだしの感じも具の入れ方も全く違うので好みの店を探すのが楽しいんですよね。

旅先で美味しい店を探す時は食べログやトリップアドバイザーを使うと思いますが、やっぱり本当に美味しい店を知ってるのは地元の方。中でもタクシーの運ちゃんは本当に美味しい店を知っている率が高いので、せっかくなので運ちゃん達にオススメの店を紹介してもらいました。




宮古そばと沖縄そばの違い

IMG_2801
そもそも沖縄そばと宮古そばって何が違うんでしょう??
ちなみに上の写真は那覇空港で食べたソーキそば。その違いを知るにはまず沖縄そばから成り立ちを知らねばなりません。

沖縄そばは(wikipedia)そばと呼ぶものの蕎麦粉は一切使われず、小麦粉のみで作られているのが大きな特徴。製法的には中華麺と同一で、いわゆる「蕎麦」より中華麺に近い位置付けになります。

また、麺の形は太めでややねじれたうどんのような方形が一般的、名護を中心とした本島北部ではきしめんのような麺のお店もあります。一方で、石垣島など八重山列島は細めのストレート麺でこれらは八重山そばと呼ばれて沖縄そばとは区別されます。

また宮古そばは細く縮れのない平麺が多く、これまた沖縄そば・八重山そばとも区別されます。味は、やや宮古そばの方があっさりしているのがベースのようですが、このあたりは店によってかなり味が違うので現在では味は店による違いの方が大きそうです。

この3店なら間違いない!厳選宮古そば3店

古謝そば屋

IMG_5341

まずは宮古そば店では一番有名であろう古謝そば屋から。
こちらはガイドブックにもよく載っているお店で、食べログの宮古島のランチランキングは2位の3.58。ということで初めて宮古そばを食べるなら極めて王道のお店。

古謝そば屋は創業は昭和7年、その後、戦火を逃れるため台湾に疎開し戦後ふたたび宮古島で営業再開したというめちゃくちゃ歴史のあるお店。さらに詳しい歴史なんかは公式HPに書いてありますので興味のある方は読んで見てください〜。

IMG_5333

昼時はいつも混んでいます。道路沿いにあるのですが、実は奥にも駐車場があるので見た目で満車でも裏側から入ると駐車スペースは結構あるので参考にしてください。

また、待ちをするときには店内の入り口に名前を書くボードがあるので、名前を書いてから店の近くで待ちましょう。

4

店内はテーブル席と座敷席。沖縄のそば屋さんはこのスタイルが多いですね。
おじいやおばあとお孫さんまで含めた家族でそばを食べてる光景をよく見ます。

IMG_5335

メニューは・・しまった若干ピンボケになってしまいました!
宮古そば580円を中心にソーキそば730円、なかみそば、てびちそばが人気です。安いですね〜!あと、そばセット800円で宮古そば・ジューシー・日替わりおかず・もずく・お漬物・飲み物がお得です

IMG_5336

こちらそば定食のソーキそば版。定食はしっかりボリュームがあってお得感があります!
ソーキ、とろとろで美味しいです!スープは豚骨とカツオベースで、スープが透明なことからもわかる通りあっさり風に仕上げられています。美味いです!

IMG_5337

こちらは単品のなかみそば。単品にするとセットよりも若干そばが大きくなっていますね。
なかみというのは豚のモツのこと。モツやホルモン好きならオススメですが、初めて食べるなら素直に宮古そばかソーキそばを選ぶのをオススメします

古謝そば屋
住所:沖縄県宮古島市平良字下里1517-1
ホームページ:http://kojasoba.com/
電話番号:0980-72-3421
営業時間:11:00 ~ 20:00
定休日:不定休

スポンサーリンク



ばっしらいん

IMG_5621

超有名な古謝そば屋に対してローカル感溢れるディープスポットがばっしらいん
ばっしらいんは宮古島に初めてできたファミレス!チェーン店ではなく、完全宮古オリジナルのファミレスということで旅慣れた方やガイドブックにたくさん載っている店はちょっと・・・という方には絶対オススメ。

ちなみに「ばっしらいん」というのは宮古の言葉で「忘れられない」という意味。
ここのソーキそばが美味すぎて「忘れられない」のが語源なんだと運ちゃんが仰っておられました!

IMG_5623

中は独特の空気感!昭和な感じがするんですけど、ほんとにローカル感があって落ち着きます。食べ終わった後ものんびりゆんたく(おしゃべり)しているみなさんを見るとほんと和みます〜。前後で紹介する古謝そば屋・丸吉食堂よりかなり広く座席数も多いです。

IMG_5625

島のファミレスなのでそばを中心に定食メニューやチャンプルーなどもあるのがばっしらいんの特徴!

店のおばちゃん達もバリバリの宮古の言葉で話しかけてこられますので、おお〜これがリアルの宮古ライフか!と楽しめること請け合いです。

IMG_5626

ばっしらいんのイチオシはやっぱりソーキそば
「忘れられない」と言わせるほどのソーキそばのお味は・・・美味いんですよ〜!
古謝そば屋と比べるとややスープが濁っているのがわかるでしょうか??味を比べますとばっしらいんの方がかなり濃厚!どちらが好みかは人によると思うのですが、個人的にはばっしらいんの濃ゆいソーキそばにハマってしまいました。。

いや〜ここの濃さを知ってしまうと薄めにしてあるお店が若干物足りなくなってしまうのが怖いところ。さすが「忘れられない」ソーキそば!食べログ3.00点で上位には出て来ませんが、かなりオススメです。

ばっしらいん
住所:沖縄県宮古島市平良字西里934
ホームページ:https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470503/47001589/(食べログ)
電話番号:0980-72-0548
営業時間:10:00 ~ 22:30
定休日:無休

丸吉食堂

IMG_5502

さて、王道の古謝そば屋とローカル感満載のばっしらいんの次は、他店と一線を画したオリジナリティある宮古そばを食べられる丸吉食堂をご紹介。丸吉食堂の宮古そばはとろっとろのソーキ・てびちにスープににんにくがほのかに香るというちょっと中毒性のある味で、上記二店のどちらかで伝統の宮古そばを食べた後にぜひ食べてもらいたい一品です!

0

店内はこんな感じでテーブル席と座敷席があります。待つときに名前を書くボードはなかったので、順番に座って待ちましょう。お子さんづれが多いですね!本当に島の方の生活に根付いているのを感じます。

IMG_5490
丸吉食堂のメニューはこんな感じ。周りのお客さんが多くオーダーしていたのはやっぱりソーキそばか三枚肉そば。でもですね〜、個人的には是非てびちそばに挑戦していただきたい!

IMG_5491

こちらソーキそば900円(アイスキャンデー付き)。
骨つきのまま長時間煮込まれたソーキはほんとにトロトロで口の中で溶けます!そんでやっぱりここのスープはほんのりニンニクが効いているのが特徴的!王道からちょっとアレンジが効いているのが唯一無二のオリジナリティを放っています。まさにここでしか食べられない味

IMG_5492

見た目が強烈なインパクトのこちらは、てびちそば900円(アイスキャンデー付き)!
てびちとは豚足のことですが、長い時間をかけて煮込まれているので感触的にはトロトロのコラーゲンの塊って印象です。凄まじいカロリーだと思われますが、このてびちとニンニク風味の宮古スープが絡み合う丸吉食堂のてびちそばはほんと最高です!

丸吉食堂
住所:沖縄県宮古島市城辺字砂川975
ホームページ:https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470503/47000103/(食べログ)
電話番号:0980-77-4211
営業時間:10:30~18:00
[夏期] 10:30~20:00
定休日:不定休

まとめ

旅先では美味しい食事に出会えるかってかなり重要な要素ですよね。
食べログやトリップアドバイザーで調べることになるのですが、やっぱりローカルのことは地元の人に聞けってことでタクシーの運ちゃん数名に「そば食うならどこで食うか?」というお題で聞き取り調査をしてみました。

ご紹介した3店はどこも美味しいのですが、オススメの食べ方としては
初日に王道が好きなら古謝そば屋、ディープスポットが好きならばっしらいんでそれぞれソーキそばをオーダー、それを踏まえて丸吉食堂のソーキorてびちそばに食べてもらえたらな〜と思います!

こちらもどうぞ

今回はマイルを使ってキャッシュアウトを抑えた関空〜宮古直行便を利用しました。

【マイル&スカイコイン】キャッシュアウト1万円で行く関空ー宮古島を発券

2017.07.30

宮古の海は本当に綺麗!面倒な毎日に疲れ果てたら、行ってみてください。

これが日本!?最高に綺麗な宮古島おすすめビーチ4連発!宮古ブルーに逢いに行こう!

2017.09.18










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です