スポンサーリンク

今すぐ使える!旅行レベルの英会話シリーズ5:電車やバスで使う英会話編

普段は英語なんて使う機会はないけど、海外旅行となるとちょっとはできないと不安という方は多いはず。

旅行レベルに限れば、絶対必要な英会話って限られてるのでは?と思って始めたこのコーナー。

当サイトでは旅行レベルの英会話を週一回のペースでシリーズ連載中です。

今回は、乗り物で使える英会話

現代ではGoogle MapもUBERもあるので、道に迷うことってほとんどなくなりましたが、それでも最短や最安の行き方を知るには現地の方に聞くのが一番!

なお、この記事中に出てくる英語表現は全てネイティブスピーカーのチェックを受けています

日本人が考える英語って、ちょっと変な表現になりがちですが、ここに載せている表現なら、そのまま実際の場面で使っても大丈夫ですよ!

備考
備考その1:このシリーズでは英語ができない嫁に一から教えるならという前提なので、すでにペラペラな方にとっては退屈かもしれませんが悪しからず。。

備考その2:こんな表現や、こんなシチュエーションでの話し方も知りたい!という方はコメントを頂ければ、今後記事にしていこうと思いますので、お気軽にどうぞ。




乗り物で使える英会話フレーズ

今回は、乗り物で使う英会話

15年前なら海外に行って一番困るのは移動でした。
見知らぬ街で道に迷う怖さと言ったらそりゃもう・・・って感じでした!

最近ではGoogle MapとUBERのおかげでそういう心配はほとんどなくなりましたね〜。
とは言っても人に道を聞いたりするフレーズは基本

この機会にまとめます。

スポンサーリンク



〜にはどうやって行ったらいいの?

まずは空港に到着して、目的地に行くまでのシチュエーションを考えます。
タクシーやUBERを使ってもいいですが、節約したい時もありますよね。

そんな時は・・

あなた
How do I get to Hilton Hotel?

ヒルトンホテルに行くにはどうしたらいいですか?ですね。
get to ~~で〜にたどり着くってイメージになります。

どうやって行くのが一番安い(早い)?

行き方は知っているけど、どの方法が安い(もしくは早い)のか?
これは現地の人に聞くのが早いことは多いですね!

あなた
What is the cheapest/fastest way to the airport?

空港に行くのに最も安い/最も早い方法はなんですか?となります。

cheapestの部分をmost convenient(最も簡便)・best(最も良い)などに変えることでその他のシチュエーションにも応用可能であります。

英単語は、結局のところ暗記しかありません・・・。英単語の覚え方のtipsについては下記を参考にしてください。

参考記事:初めて出会った英単語を効率よく覚えるための2つのステップ

このバスは〜に止まりますか?

乗り物に乗ったはいいけど、ちゃんと目的地に着くか不安な時ってありますよね。

移動費を節約するために、路線バスなんかに乗る時はコレ重要です!

あなた
Does this bus stop at the museum?

一例としてmuseum(美術館)としていますが、まあ対象はなんでも応用可能。

別の表現としては、バスに乗る時に運転手さんに行き先を確認するイメージで、

あなた
Is this bus bound for the Airport?

こちらでもOK。
この表現なら、日本でも地下鉄なんかで放送されているので馴染みがあるかもしれません。

スポンサーリンク



どのくらいの時間で着きますか?

初めて行くところでは、移動にどれくらいかかるかって読みづらいんですよね。。

あなた
How long does it take to get to the airport?

How long does it take to〜はもう固定フレーズなのでこのまま覚えましょう。

〜するのにどのくらいの時間かかりますか?ですね。

どの駅で降りたらいい?

実際にローカルバスやローカル電車に乗ってみると分かりますが、到着駅のアナウンスが(慣れないと)聞き辛いことの多いこと

乗ったはいいけど降りるところを間違えると、かなり面倒なケースがありますのでこれも知っておきましょう。

あなた
What station should I get off at?

get off=降りるという英語ですが、最後にatをつけないと正しい英文法になりません(一応。)

これが難しいな〜という場合は、

あなた
What is the nearest station to the museum?

美術館に一番近い駅はどこですか?、とこちらの方が英語としては簡潔ですね!

この席は予約席?

ある種の電車では席が予約席なのか、普通席なのかよく分からないこともあります。

あなた
Is this seat reserved?

予約席のところに知らずに座っちゃうと異国では面倒そうですものね・・。

この席空いてる?

上記のフレーズは、実は他のシチュエーションでも利用可能です。

あなた
Is this seat empty?

これで文字通り「この席空いてる?」になります。
フードコートなんかでも使えますよ!

これに加えて、

あなた
Can I use this seat?

(この席使っていい?)を加えれば完璧。

まとめ

海外旅行で使っている英会話って、必要なものだけに絞ればそれほど多く無いんじゃない?と始まったこのシリーズ。

今回は電車やバスで使うであろう英会話フレーズをまとめてみました。
こうやって見ると英語としてはかなり平易ですよね!

実際に自分の英語が海外で通じたら、結構楽しいと感じると思いますので、ぜひチャレンジしてみましょう〜。

【旅行レベルの英会話シリーズ】
第一回:トイレに関する英会話
第二回:ホテルの部屋のトラブルにまつわる英会話
第三回:飛行機の中で使う英会話
第四回:レストランで使う英会話
第五回:電車やバスで使う英会話
第六回:お願い事をする時に使える英会話
第七回:買い物で交渉する時に使える英会話

こちらもどうぞ

英語ができないパートナーに、一から教えるならどうすっか〜と考えた英会話勉強法。

旅行レベルの英語を身につけるための勉強法〜もし今から嫁にイチから教えるなら〜

2017.09.26

コアラを抱っこする乗って、限られたところでしかできないんですよ!
思ってたよりずっといい経験でした・・!

オーストラリアでコアラ抱っこするならカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ!【完全ガイド】

2017.08.04










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です