スポンサーリンク

旅行前にまとめ買い!15冊以内に完結するKindleマンガ・オススメ10選【随時更新】

Kindleは移動が多い人や旅行好きには必須のアイテム。
小説やビジネス書を読むのもいいのですが、頭が疲れている時には活字はしんどい時がありますよね〜。。

そんな時に読みたいのがマンガ!
kindleならかさばらないし、好きなところから読み直せるのでkindleとマンガのコンビは最高です。

Kindle Paperwhiteを4年間ずーっと連れ回した感想。旅行好きには特にオススメな8つの理由と選び方

2017.10.15

旅行中は色々と待ち時間があるもの。全冊まとめ買いしても6000円程度に収まるという視点で、15巻以内で完結するおすすめKindleマンガを選んでみました。

完結している作品から選んでおり、連載中のものは含んでおりませんので、あしからず!




極東学園天国/日本橋ヨヲコ 全4巻

あらすじ
義務教育が高校まで延長された世界でのお話。
不登校や問題児を収容するために作られた学校・私立五色台学園は全寮制。一旦入学すると卒業まで外には出られない。

自らが起こした暴力事件でエリート高校を退学になった主人公・平賀信号は五色台学園に転入し、様々な事件を経ながら個性豊かな仲間(問題児)たちと心を通わせていく。

(wikipediaはこちら)

このマンガ、むかーし昔にヤンマガで連載されていたんです。

そのとき中学生だった私はなんとなーく水着のおねーちゃんの表紙に誘われてヤンマガを手に取ったんです笑

そのとき巻頭に第一話が載っていたのがこの極東学園天国

今でも一番好きなマンガなのですが、一話一話に作者からの魂のこもったメッセージがキャラのセリフを通じてグサグサ刺さります・・!

本編は1.2巻が第一部:学食争奪戦編、3.4巻が第二部:五色台学園廃校編となっておりコンパクトな構成。本当は第三部の予定があったらしいんですけどね、当時人気がなくて泣く泣くお蔵入りしたそうです・・涙

とりあえず第一巻の第一話を読んでみてください。もしかしたらあなたの人生を変える名言に出会えるかもしれません。

「嫌だなあと思うこと、そのままにしてたら、たましいが腐るから」〜極東学園天国・第一話より。

寄生獣/岩明均 全10巻

熱烈なファンが書いたのか、wiipediaのあらすじが超長いです笑
ざっとまとめると・・・

あらすじ
ある日突然空から降ってきた、謎の寄生生物:パラサイトと言われるその生物は、人間の耳や鼻から侵入し、その人間を乗っ取り寄生して生きている。

多数の人間がパラサイトに知らぬ間に乗っ取られるが、主人公:泉新一はたまたまその侵入を防ぐことができ、右手だけにパラサイトが寄生、脳は人間のままという奇妙な体質となった。

右手に寄生した寄生生物はミギーと名乗り、新一とミギーは不思議な共同生活を送ることになる。

一方、世間ではパラサイトによる人間の捕食が多発し、残虐な殺人事件として注目を集めるように。それらがパラサイトに仕業であると気づいた新一は、ミギーの力を借りながらパラサイトと戦い始めることとなる。

元々は1988年頃に連載されていた鬼作:寄生獣
あまりの面白さに最近になっても実写の映画化が行われてましたねー。

寄生獣はいろんなバージョンで本が出されていますが、完全版だと全8巻と一気読みできるスケール。

パラサイトになった人間の頭がぐにゃぐにゃになったり、罪もない人が切り刻まれたりしてなかなかグロテスクなのですが面白いんですよ!

もはや一般常識として読んでいてもいいんじゃないかというレベルの名作。未読ならば、確実に損はしませんね〜是非どうぞ。

トーキョーグール/石田スイ 全14巻

あらすじ

舞台は現代の東京。人の姿をしながらも、普通の食事はできず人間の肉しか食べられない怪人:グールと人間の共生と争いのお話。

主人公のカネキは普通の平凡な大学生であったが、ある事件をきっかけにグール:リゼの臓器を移植されることで半分人間・半分グールという存在になってしまう。

人間として生きようとしても、食べ物が喉を通らず苦悩するカネキ。ひょんなことからグールの拠点となっている喫茶店あんていくのメンバー:トーカに救われ、グールとしての生き方を学んでいくことになる。

wikipediaはこちら

この記事ではちょっと昔の漫画が中心となっていますが、ここは新しいところから1作品をご紹介。

インパクトのある表紙がお馴染みのトーキョーグール。こちらも最近映画化されていました。

先に寄生獣を読みきった後でトーキョーグールを読み始めると、「ある日突然自分だけが異世界人(パラサイトやグール)」という風にまとめると同じカテゴリーのように思えます。

しかし!

寄生獣は徹底して人間側に立っているのに対して、トーキョーグールではいつのまにか読者もグール側の心情になってしまうのが面白いところ

ストーリーやキャラ設定も良くできてて、旅行中に一気読みするには楽しい作品かな〜と思いますね!

現在続編(トーキョーグール:re)が連載中なので、きっと続きが気になってしまうことでしょう・・・。

暴力の都/中祥人 全12巻

あらすじ
主人公:木戸重光はニュースキャスター。ニュース・タイクーン(イメージは報道ステーション)のメインキャスターである木戸は、視聴率を取るためなら手段を選ばず犯罪を煽ったり、未成年の犯罪者の顔と素性を放送したりとまさに「視聴率の鬼」。

プロデューサーの大浦理恵子と組んで、世の中の裏側、犯罪、利権に満ちた社会の裏側に切り込む、テレビ報道マンガ。

wikipediaはこちら

我ながらマニアックなマンガを紹介しているなと思います・・笑

あんまり有名ではない(と思うの)ですが、この暴力の都は面白い!

主人公はニュースキャスターなんですが、今でいう報道ステーションのメインキャスターをイメージするとわかりやすいかも。

ただしキャラはぶっ飛んでいて、視聴率を稼ぐためにはなんでもやり、それこそ政治家の闇金疑惑の追及でわざと暴力団に誘拐されてそれをCCDカメラで全国中継したり、娘を殺された父親の復讐を生中継したりとやることが滅茶苦茶過激・・笑

でも、しっかり木戸なりの正義を貫いているのがこのマンガの面白いところ。

利権にまみれたこの社会、しかもその中でも利権の権化みたいなテレビの世界にフォーカスしたこの作品、もっと注目されてもいいのにな〜と思います。

若干絵柄が古いですが、その点だけ受け入れられれば、大人のためのマンガとして一級品です。

殺し屋1/山本英夫 全10巻

あらすじ
歌舞伎町を舞台としてヤクザと輩の抗争のお話。
主人公:イチは田舎の工場で働くいじめられっ子だが、滅茶苦茶強い足技の使い手。

歌舞伎町を牛耳る暴力団・安生組の利権を掠め取ろうとする「ジジイ」は圧倒的な強さをもつ「イチ」を利用して殺人者として育て上げ、安生組の主要人物をどんどん暗殺していく。

その殺し方はあまりに残虐(ブーツのカカトについたナイフでバラバラに切り刻まれる・・)。暴力団のメンバーはその恐怖に慄くが、「痛み」を快楽に感じる異常性愛者の安生組の若頭:垣原はむしろイチにとてつもない興味を抱き、二人は邂逅することになる。

なぜかグロテスクな漫画が多くなっていますが・・面白いのでいいでしょう。。
wikipediaはこちら

こちらはAmazonでも一時アダルト枠に指定されたといくらいの曰く付き作品。
とにかくガンガン人が殺されたり、全身を針で刺されて拷問されたりしますが、とてもストーリーが秀逸。

歌舞伎町を支配するのはジジイか?ヤクザか?操られているのは誰か?
最後までゲームの支配者がわからないところが面白い。グロいのが大丈夫な方におすすめ。

スポンサーリンク



デスノート/大場つぐみ 全12巻

あらすじ
名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

もはや改めて取り上げる必要もないくらいに有名な作品。あらすじも紹介必要ないんじゃないのか。。

滅茶苦茶面白いのに12巻で濃厚に仕上がっているのがまた素晴らしい。

私はデスノート、最初に知ったのは美空ナオミがライトにデスノートで殺される回をジャンプで立ち読みした時でした。

前後の話は読んでいなかったのですが、たったこの一話だけで、あ〜これめっちゃ面白い!と思いましたね〜。

実際その当時2ちゃんねるでは次回のデスノートを予測するスレや、ネタバレスレや謎解きスレなどが乱立していて、いかにデスノートが面白かったかって話です。

もしも読んだことがない方は、ぜひどうぞ。確実に値段分は楽しめることでしょう。

鉄コン筋クリート/松本大洋 全3巻

あらすじ
義理人情とヤクザが蔓延る町・宝街。
そこに住む<ネコ>と呼ばれる少年・クロとシロは、驚異的な身体能力で街の中を飛び回ることが出来た。

そんなある日、開発という名の地上げやヤクザ、3人組の殺し屋、蛇という名の男性が現れる。

更に、実態不明の“子供の城”建設プロジェクトが立ち上げられる事になり、町は不穏な空気に包まれる。

ここでちょっと路線変更して鉄コン筋クリート。
「ピンポン」で一躍有名になった松本大洋の代表作。

Amazonのレビューにもありますが、松本大洋の作品は本当に独特で、まず作画の目線がすごく特殊。上から見下ろしたり下から見上げたり、魚眼レンズみたいに描いてみたり。。

そして物語全体にも、作者からのメッセージが明確に込められているのがほとばしってきます!

はっきり言って好き嫌いが分かれます。
ただ、一度は読んでみても良いんじゃないかな〜と思いますね〜。

ちょっと絵柄が独特。Kindleなら第一巻を無料で読めますので、一巻を試し読みしてから続きを読むか考えましょう。

ハチミツとクローバー/羽海野チカ 全10巻

こちらもwikiのあらすじが異様に長いのでざっくりまとめると・・・

あらすじ
美術大学を舞台にしたいわゆる「青春群像劇」のお話。
美大一の変人かつ問題児として知られる森田さんに振り回される毎日を過ごす竹本くん(主人公)と真山くん。

森田さんは時々大学に来なくなったと思ったら、しばらくすると大金を手に戻ってくる不思議な人。

主人公の竹本くんはすごく良い子だけど、森田さんみたいな才能はなくて、自分の将来に悩んでる人(実際に作中で自分探しの旅に出ちゃう。。)

真山くんはメガネ男子で全てにソツがない。年上のデザイン事務所の経営者:リカさんにぞっこんなんだけど、リカさんは交通事故で旦那さんを亡くしていて、自分も足が不自由で真山くんを避けてて複雑な関係に悩んでる人。

で、ある日竹本くんが桜の木の下で美少女(はぐみちゃん)に一目惚れしたところから物語は始まる。。

急にいきなり少女漫画かよ!と思うでしょう笑

しかしね〜面白いものは面白い。

基本的には将来に悩む、美術大学に通う学生の青春物語。男目線でハチクロを読むと、ずーっと恋愛話ばっかりじゃないところがすごく読みやすい。

ちゃんと時系列に沿っていて、若者ならではの将来への不安とか期待とかを含めながら物語が進んでく。

まーこの漫画は滅茶苦茶登場人物にキャラが立っていますが、とにかく山田さんが可愛すぎる・・笑

とりあえず何冊か買って読んでみてくれ〜それか誰か女友達に借りて読んでくれ〜!

まあ、少女漫画をこっそり読めるのも、Kinldeの魅力ですよっと。。

銀と金/福本伸行 全11巻

あらすじ
仕事もお金もない男:森田は今日も競馬場でお金をスっていた。
ある日見知らぬ男に声をかけられ、「3時間仕事を手伝ってくれたら10万円やる」と謎の仕事に誘われる。

なんと森田が仕事で運んだダンボールは10億の現金。怪しげなその男は裏社会のフィクサー「銀王:銀二」と呼ばれる男だった。

森田は紆余曲折を経て銀二のグループに入り、裏社会の稼ぎ方を学んでいく。

続いてカイジでお馴染みの福本作品の中から「銀と金」。
仕事もお金もない主人公:森田が度胸を武器にしながら裏の世界のフィクサー:銀次と金儲けを企むというストーリーです。

このマンガを読むと「人の人生は一体いくらの価値があるのか?」と考えさせられます。

いや、違うな〜「あーもっとお金欲しい〜」って思うかもしれません・・・。

ヒメゴト〜十九歳の制服〜/峰浪りょう 全8巻

あらすじ
主人公:櫟原由樹(いちはら ゆき)は小さい頃からボーイッシュで、大学生になってもヨシキというあだ名で男扱いされている。

ヨシキ自身も自分が浮いた存在であることを薄々感じて、どんどん成長していく自分の女の体にも戸惑っているが「女の子」になるきっかけが見出せないでいる。

永尾未果子は美少女で清楚系として大学では人気があるが、実際には夜になると名門女子高の制服を着用し「15歳」と偽って不特定多数の男に体を開き、売春によって生計を立てていた。

また一方で、同じ大学でイケメンと人気の相葉佳人(カイト)は実は女性としてのアイデンテティがあり、お金持ちの彼女をとっかえひっかえしては、他人の金で女装をして楽しむ趣味があった。

ひょんなことからカイトの女装癖を知ったヨシキは、自分の性の悩みをカイトに告白。

「せっかく女なのにもったいない!」とカイトに導かれヨシキは女らしくなっていくが、三者三様に秘密を抱える彼らの関係性はどんどん複雑になっていく。

これね〜最近知ったマンガなんですけど、めちゃ面白い
なんでこれまで知らなかったかね〜というくらい面白い。マンガ王国とかで3巻まで無料で読めるので、まずそっちでお試ししてから4巻から有料ワールドです。

もっと詳しいあらすじなどはwikipedia参照ね。

多分、無料の3巻まででかなりハマると思います!

ちょっとセクシャルな描写が多いので、飛行機の中で読んでてCAさんに見つかると恥ずかしいかもしれません。ホテルでこっそり読みましょう。。

まとめ

旅行の前にKindleに何か仕込んでおきたいけど、どのマンガが面白いのかわからん!という方に向けて15冊以内で完結するKinldeマンガを選んでみました。

もちろんそれぞれの好みがあるので、全部気にいるはずもないのですが、ちょっと面白そうだな〜と思ったのはとりあえず一巻だけでも読んでみてはどうでしょうか??








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です