スポンサーリンク

ANAビジネスクラス搭乗記【羽田〜シカゴ:B777-300ER】フルフラットで熟睡&空の上で一風堂を食す!最高!

2017年はJALのJGC(JALグローバルクラブ)修行のためJALにばかり乗っており、勢い余ってJGCプレミアまで行ってしまったのですが今回アメリカ行きの長距離線に選んだのはANAのビジネスクラス&ファーストクラス。もちろんマイルで発券したわけでありまして、その詳細は下記の記事になります。

【ANA】迷いに迷って北米行きビジネスクラス+ファーストクラスを発券【14時間のファースト】

2017.05.09

ANAのビジネスクラスはスタッガード配列のフルフラット・シート。このシートはイイ!という人も多く前から是非乗ってみたかったんですよね〜。

羽田〜シカゴはおよそ10時間のフライトになりますが、まあとにかく快適でした!

JALやマレーシア航空のビジネスクラスも良かったですが、ANAビジネスクラスは個室感強い+サイドテーブル使いやすい+一風堂最高ってことで個人的には一枚上手でした。

関連記事:
JALビジネスクラス搭乗記・スカイスイートⅢ(SS-9)最新鋭B787-9【成田〜KUL】JL723

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西〜KUL〜シドニー】MH53&MH123




ANAビジネスクラス搭乗記NH112 B777-300ER

使用機材&座席配列

旅慣れた方はよくご存知だと思いますが、ビジネスクラスに乗るときは機材とシートの確認が超重要

短距離中距離の場合はビジネスクラスと言っても、ひと昔前の機材が当たることもあるので「な〜んだガッカリ。。」てなこともありますが、アメリカ行きはやはり花形路線!各社イチオシの機材で運行しています。

今回搭乗するのはB777-300ER。ファーストクラス8席も搭載しているANAの代表的な機材です。

ANA BUSINESS STAGGEREDという名のこのシートはフルフラットシートが互い違いに配置されており、どの席からでも通路アクセスがあるのが特徴。長時間のフライトだと、隣の人に気を使わずにトイレに立てるというのはめちゃくちゃ大きいメリットになります。ANA公式から動画も見れますので興味のある方はリンク先へどうぞ。

今回は一人旅なので窓側のA席を指定。さらに奇数席にしておくとシートと通路の間にサイドテーブルが入るのでかなり個室感が強くなりオススメです。

ANAラウンジ使えます

国際線・プレミアムエコノミー以上のチケットを持っている方&ANAやスターアライアンスの上級会員資格を持っていると羽田のANAラウンジが使えます。

ANAラウンジ入室基準
・ANAダイヤモンド
・ANAプラチナ
・ANAスーパーフライヤーズカード所有者
・ファーストクラス・ビジネスクラス・プレミアムエコノミー利用者

出発前にシャワーがを浴びることができ、シャワー上がりにはビールも飲み放題、食事も完備のANAラウンジ。ANA公式からパノラマツアーでバーチャル体験ができるので、是非どうぞ。

と、いうのはこのラウンジいつ行っても混んでるんですよ・・・ちょっと人が多すぎて撮影が難しいのであります。ホントは写真付きで紹介したいんですけどねぇ。

特に食事配給コーナーは混雑するので、写真パシャパシャ撮ってて列を乱そうものなら避難の目で見られてしまう、それが羽田ANAラウンジ・・・恐ろしい子!

ちなみに夜の時間のシャワー待ちが20-30人なんてことも普通にあるので、夜便でシャワーを浴びていきたい方はかなり早めにチェックインするのをオススメします。

優先搭乗

ビジネスクラス利用者は優先搭乗もできます。エコノミー利用時にはオーバーヘッドの取り合いを避けるために有用なSFCの優先搭乗ですが、ビジネスクラスに乗るときはあえて優先搭乗するメリットはそんなにありません。

ブログをやり始めてからは写真を撮らなきゃいけないので優先搭乗するようになったのはここだけの話。。

あ、でも優先搭乗してるとウェルカムドリンクなどのサービスはスムーズかもしれません!

座席:フルフラットシート

では本日のシートとご対面です。おお〜見たことあるぞこいつ!とテンションが上がります!国際線のビジネスクラスはやっぱりいつ乗っても心躍りますねぇ。

お隣さんが来る前にパシャリ(優先搭乗しといてよかった)。この日のビジネスクラスは9割方埋まっていたでしょうか。みんなお金持ってるのかマイル持っているのか・・・世の中は奥が深いですね。。

足元は抜群の広さで、フルフラットにするとこのオットマンにシートがうまく接続するような形になっています。赤く見えているのがテーブルの引き出し。このスタッガード、ちょっと収納が少ないように感じるのですが、このオットマンの下に荷物を置いてもいいのでトータルで考えれば収納も問題ありません。

窓側の席はシートと窓の間にちょっとだけスペースが空いています。二つ前の列の方の腕が見えていますな。。

テーブルはこのようにモニターの下から引き出す方式で、多分JALのSS9より大きい気がします。かなり機能的!テーブルが大きめなのは何気に食事するにもPCするにも重要なところだと思います。

電源とUSBポートはモニターの下に配置。

テーブルの上にパソコンを置いて作業するにはベストの位置ですね!

サイドテーブル。このテーブルがまた使いやすい位置と大きさ。青のライトもかっこ良いですよね〜ちなみにこのライトは手動で消すことも可能(寝るときにはちょっと気になるって人も多いんだはずね)

サイドテーブルの下にモニターとシートのコントローラ。DO NOT DISTURBのボタンがありますね!これを押すとサイドテーブルの上にある表示が光って、CAさんに意思表示できる仕組みになっています。

テーブルの上には小物入れ。この二つのタブを同時押しすると開きます。一つ押しでは空きません!わたしゃ初めてだったのでちょっとここでキョドりましたよ。。

布団・ベッドパッド・ヘッドホンはすでにシートに置かれています。ヘッドホンはSONYのノイズキャンセリングホン。十分な性能なのですが、後日乗ったファーストクラスのヘッドホンに比べると雲泥の差がありました。ここにこだわりがある方は良い物を購入して持参するのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク



アメニティ

ビジネスクラスの楽しみの一つがアメニティポーチ(だいたいお土産になりますが)。ANAビジネスクラスのポーチはこんな感じでNeal’s Yard Remedies(ニールズヤードレメディーズ)の提供品。

私を含めて男性陣にはあまり馴染みがありませんが、オーガニックコスメやアロマのブランドで結構高級なんですね(上のリンクはニールズヤードの公式に飛びます)

内容はこんな感じ。

ANAビジネスクラス アメニティ
・ビーラブリーハンドクリーム 10ml
・ホワイトティフェイシャルミスト 10ml
・シアナッツ&オレンジ オーガニックリップ 4g
・Neal’s Yard Remedies 10%OFFチケット
・歯ブラシ
・アイマスク・耳栓

フェイシャルミストは45mlで3000円強、ハンドクリームは50ml約3000円するようなので、結構値打ちがありますね!

・・・ということでJALの巾着袋アメニティとは大きな差があります笑

ちなみにアメニティの色々な比較は下記の記事が詳しいです。

飛行機のアメニティは持ち帰りしていいの?JAL&ANAビジネスクラス・アメニティを完全比較!スリッパは案外大活躍。

2016.10.23

機内食

ウェルカムドリンクはスパークリングワインかオレンジジュースからスタート。
上空に上がってからシャンパンを飲むためここはオレンジジュースから入ります。

メニューブックはおしぼりとともにここで配給。

やっぱりビジネス乗ったら最初はシャンパンでしょ!ってことで本日のシャンパン。

シャンパンのグラス・・ANAのビジネスクラスはこれで統一されている様子。ちなみに後日乗ったファーストクラスではちゃんとした?シャンパングラスでした。。

洋食
パプリカ風味のチーズスティック・ポークハムとトマトのアスピックとコルニッション
2種のオリーブとチーズ ハーブオイルとともに

アボガドサラダとサラミ エビのマリネと蜜柑のソース
コーンスープ

・メインディッシュ(いずれか)
国産牛の煮込み 岩手県産えごま入りマスタード風味
いさきのソテー シチリアンオリーブ バジルとパンチェッタのサフラン風味のソース
野菜のミトネとキノコのソテーを温泉玉子とともに

・デザート
エモーション サラ
パッションフルーツ風味クレームブリュレのグラスデザート

和食
・アミューズ 洋食と同じ

蟹とほうれん草の菊花和え 子持ち鮎煮浸し
サーモントラウト昆布じめ いくら
明石だこ 海老芋 南瓜あん

・主菜
銀鱈朴葉味噌焼き

・デザート 洋食と同じ

いっつも肉を選ぶことが多いんですけど、この日はなんとなく牛煮込みにそそられず、洋食&魚をセレクト。

アミューズからスタート。美味しいんですけど、チーズが苦手だとちょっとしんどい部分もあるのは確か笑

アペタイザー。ハムの中にアボガドがくるまっています。お上品な味でございます。(あぁ食レポって難しい。。

ここでコーンスープと暖かいパンも配られます。パンがあったかいのって嬉しいですよね〜。エコノミーの給食みたいな食事とは全然違います!

オリーブオイルは瓶で配られます。塩胡椒・バターも完備でレストランで食べるのと体裁は同じですね!

今日のメインは魚。うーんこうやって写真で見るとイマイチ味が伝わりませんな笑
美味しかったですよ〜でも周りは和食が多かったかな??

デザートはワゴンサービスでやってきます。ちょうど良いところで止まってくれたのでパシャりと一枚。

色々ありましたがもうお腹一杯なのでフルーツにしました。

食後のコーヒーがうまい。さりげなく付いてくるチョコもうまし。
うーん、やっぱりビジネスクラス、良い!

食べ終わってのんびりしてたらちょうど日付変更線をまたぐところでした。

普段あまり機内では映画を見ないのですが、さすがに10時間超えのフライトでは何本かお世話になります。邦画が観れるのが日系に乗るメリットですね。マレーシア航空だと邦画は3本しかないからなぁ。。(参考)

これ面白かった・・・!「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」

あとはビールにチェンジしてダラダラ映画を見ます。。
フルフラットだし、リクライニングも自由で足伸ばし放題なので本当に楽!我々がエコノミーで苦しんでいる間にビジネスな人々はこんなに優雅な時間を過ごしていたのですね・・・!

そして夜が更けようとする頃、機内はいい匂いが立ち込めます。。
そう、一風堂のとんこつラーメン!これは絶対に食べたいなと思い、念願叶いました〜これはうまい!

到着前に朝ごはん。2時間くらい前に一風堂を食べたところですが、アメリカに行くと和食はご無沙汰になるのでここは和食をチョイス。いや〜ご飯と味噌汁が美味い。

2回目の食事を終えると、シカゴの街が見えてきました。こうやって上から見ると完璧に区画を分けられて作られているのがよくわかりますね〜アメリカっぽい!

便名:NH112
行き先:羽田国際空港(HND)-シカゴ・オヘア国際空港(ORD)
時間:10:35-7:25 (11時間50分)
クラス:ビジネスクラス(I)
シート:9A
機材:B777-300ER
搭乗時ステータス:SFC
マイル積算:特典航空券のためなし

まとめ

噂通りかなり快適だったANAのスタッガード・ビジネスクラス
これまで東南アジア圏内のビジネスクラス搭乗が多かったわけですが、やっぱりビジネスクラスが真価を発揮するのは長距離路線だなあ〜と実感することになりました。

ビジネスクラスなんて一般人には有償購入はなかなか難しいですけど、マイルを使えばそれほど高いハードルではないのがマイルの面白いところですね!

それにしても空の上の一風堂があんなに美味いとは・・・(まだ言ってる笑

こちらもどうぞ

JALの最新鋭のビジネスクラスと比較してみると面白いと思います!

JALビジネスクラス搭乗記・スカイスイートⅢ(SS-9)最新鋭B787-9【成田〜KUL】JL723

2017.10.12

復路はANAファーストクラスに乗ってきました!

夢のANAファーストクラス搭乗記!乗ってわかった「ファーストクラスのお作法」【ヒューストン〜成田】

2018.01.21







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です