スポンサーリンク

マンガ「インベスターZ」1冊5円セールやってるよ!20冊100円で買えちゃうなんて素敵すぎ。




インベスターZ

インベスターZはドラゴン桜がブレイクした三田紀房さんの作品。
雑誌モーニングで2013年から連載開始、2017年に完結、全21巻となのですが、現在kindle本で1-20巻を対象に1冊5円の爆安セール開催中です。

ちなみにkindleはこんな感じの品物で、私も4年くらいずーっと持ち歩いてます。軽いしたくさん本が入るしほんとに便利!

Kindle Paperwhiteを4年間ずーっと連れ回した感想。旅行好きには特にオススメな8つの理由と選び方

2017.10.15

インベスターZ、最初の3冊は購入してたんですけど途中で1冊500円出すのがもったいなくなって(!)読まなくなっちゃったんですけど・・・20冊100円ならこれは買い!

あらすじ

公式に準じたあらすじはwikipedia参照。

主人公の財前孝史は中学一年生。北海道の中高一貫校に進学し、成績トップで入学します。
で、部活は何しようかな〜と思っていたら怪しげな茶髪の先輩に「迎えにきたよ」と言われてついていったらそこは「投資部」だったってお話。

この中高一貫校:道塾学園は昔の富豪が設立した学校で、その運営費は資産3000億円を中高6学年の成績トップの6人で構成される「投資部」が運用した利回りで行われているという設定。

えー中高生が投資?株?3000億円?と驚きながらも徐々に財前は投資における才覚を発揮していく・・・。

投資を通じて社会を学ぶ

てことで中学生が大金を運用して金儲けするというマンガです(身もふたもないな)

そういうのが嫌いな人もいると思いますが・・・このマンガは「貯蓄は美徳、金稼ぎは不徳」という、どこからともなく刷り込まれた日本人の感覚へのアンチテーゼでもあります。

私の両親も未だに「お金は貯金が一番」「株なんかやめておけ」の一点張りですが、「世の中の金持ちに投資をしていない奴がいるのか?」と・・・(ケンカになるので言わない)

2000万を年5%(税金入れない前提)で運用しても年間100万円の不労所得が入ってくるのですから、まさに富める者は富み、持たざる者は這い上がれないという構図は現に出現しています。資本主義はそういうルールになっているのだから仕方ありません。。

「お金は汚いもの」の一辺倒ではなく、本当に人生を自由に生きるのは金が必要なのはみんなわかっているはず。

でも「金儲けしたい〜!」って大きな声で言えないのが日本の社会ですよね。。

資本主義の国に生きるなら、ルールを知る必要があります。若干文字が多い部分もありますが、このマンガはそのルールを勉強するには入り口として最適なんじゃないかと思います。とりあえず5円のうちにポチっておくのをオススメします!










2 件のコメント

  • kindle unlimited で1~3は、読みました。こんな値段で読めるのなら絶対購入しますが、気が付くのが少し遅かったです。(2018年4月22日)

    • >遠山さん
      コメントありがとうございます。
      これはめちゃくちゃお得なセールでした!ちなみに当時、情報はツイッターでキャッチしたので、やはり情報が一番早いのはツイッターですね・・!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です