スポンサーリンク

JGCプレミア修行解脱。JGCプレミアのメリットと獲得費用のまとめと感想

【最終更新2018.3.9】

JGC(JALグローバルクラブ)はJALの上級会員組織。
JGCの上にはさらに2つの上級クラスがあり、JMB(JALマイレージバンク)ダイヤモンドとJGCプレミアがそれにあたります。

JGCはJGCカードというクレジットカードを発行すれば(今のところ)一生維持可能なのに対して、上級クラス・JGCプレミアとJMBダイヤモンドは前年度の実績で翌年一年間のステータスとして反映される、基本的には一年更新の資格となっています。

JGC修行解脱!JAL上級会員になる方法・そのメリットと費用【JGC修行の全て:2018年版】

2017.04.01

2017年始めにJGC修行を終えましたが、その後なんだかんだで到達したJGCプレミア。
JGCプレミアに必要なのは8万FOPとなっていますが、果たしてその価値はあるのでしょうか?

取得にかかるコストとそれに対するメリットを見ていきましょう〜




JGCプレミアの達成条件

JGCプレミアの取得条件は下記の通りとなっています。

毎年の1月~12月の12カ月間(暦年)で80,000FLY ONポイント(うちJALグループ便40,000FLY ONポイント)以上または80回(うちJALグループ便40回)以上かつ25,000FLY ONポイント以上。

JGC修行に必要な5万FOPから、さらに3万FOPの上乗せが必要ということになりますね!

FOPの計算方法や5万FOPを獲得するまでの方法はこちらを参考にしてください。

FOP単価8円で修行したとしても、総額65万円くらいかかるJGCプレミア・・・それなりのメリットがないと困りますよね!

JGCプレミアの有効期限

あと、せっかくお金を投資してJGCプレミアを獲得したとして、いつまで資格は有効なのでしょうか

これは、公式HPに「全てのサービスはステイタス達成の翌々年の3月末日まで利用可能」と書いてあります。

なので2017年にステイタスを達成していたら有効期限は2019年の3月末日
2018年にステイタスを達成したら有効期限は2020年の3月末日ということになりますね!

私のJGCプレミアカードにも、画面左にばっちり有効期限03/19って書いてありますねー!

JGCプレミアのメリット

予約関連のメリット

ダイヤモンド・プレミア予約デスク

予約時にはダイヤモンド・プレミア会員専用の予約デスクを利用できます。
JGC会員にも専用ダイヤルが用意されていますが、ダイヤモンド・プレミア会員はJGCよりかなり数が少なくなるため電話が繋がりやすいのはいいですね!

ダイヤモンド・プレミア予約デスク
国内線・国際線共通
0120-747-530(携帯電話・PHS可)
03-5460-6177(国際電話・IP電話)
年中無休 国内線予約6:30-22:00 国際線予約8:00-19:00

優先キャンセル待ち

予約の希望の便が満席の場合、キャンセル待ちの優先順位がより上級になります。
JGC会員よりも上のランクになるため、キャンセル待ちが落ちて来やすいのは確実でしょう。

前方座席指定サービス

これはJGCにもあるサービスですが、一般会員は指定できない前方座席の指定が可能になります。前方座席に座っていると外に出るのは確実に早くなるのでこれはよく使います。

国内線先行予約サービス

これはJGCにはないサービス!
国内線は通常2ヶ月前から予約が始まるのですが、ダイヤモンド・プレミア会員は2ヶ月+2週間前からHP、電話共に予約可能になります。

これがさらに優れているのは、特典航空券でも先行予約可能というところ!
夏休みなど繁忙期のいい時間帯のフライトは早々に埋まることも多いので、これはかなりプレミア以上ならではのメリットでしょうか。

スポンサーリンク



マイル関連のメリット

マイルアップボーナス

JGCプレミアの対象期間中、JALグループ便またはアメリカン航空便、ブリティッシュ・エアウェイズ便、イベリア航空便にJALマイレージバンク(JMB)のマイル積算対象運賃で搭乗するとボーナスマイルが加算されます。

ただし加算率は105%と、JGCと同じ加算率・・・。これはちょっといただけない点かもしれません。もうちょっとボーナスあってもいいのになあ。。

マイル有効期限の廃止

JALマイルの場合、通常は最後の獲得から36ヶ月後の月末が有効期限となりますが、JGCプレミアの間は有効期限がなくなります

ちなみにJGCプレミアから陥落した後は、その日の36ヶ月後の月末が有効期限になるとのこと。

家族でマイルを貯めて旅行を考える場合には、マイル期限がなくなるのはメリットなのではと思いますね!

空港でのメリット

専用チェックインカウンター


空港でのチェックインカウンターも、一つ上のクラスのカウンターを使うことができるようになります。具体的には・・・

国内線 JALファーストクラス・チェックインカウンター
JALグローバルクラブ・カウンター
国際線 JALファーストクラス・チェックインカウンター
ワンワールド便 ワンワールド・エメラルド用チェックインカウンター

個人的には国内線でも国際線でも荷物を預けることがほとんどないので、国内線チェックインカウンターは使いませんが、国際線のファーストクラスカウンターはメリットですね!

ビジネスクラスチェックインはJGC会員も使えるので結構混んでいることが多いものの、さすがにファーストクラスカウンターは空いていることがほとんどです。

プライオリティバゲージサービス

預け入れ荷物に優先タグが付きます。JGC、JMBサファイアと同じ特典かと思いきや一応最上級のタグをつけてくれるようなので、ちょっと嬉しいところかもしれません。

手荷物無料許容量のアップ

預け入れする荷物の許容量が増えます。具体的には下記のような感じ。

JAL国内線 通常+20kg
JAL国際線 通常+1個(1個あたり32kg以内)
ワンワールド便 通常+1個もしくは通常+20kg

通常ってなんじゃいと思いますが、国内線はクラスJ・普通席利用で20kgが40kg、ファーストクラスの場合45kgが65kgにUPします。

まあこれほど重いものを運ぶのは引っ越しぐらいだと思うので、荷物の重さを気にしなくて良くなるサービス、と言えますね。

優先空席待ち

空席待ちの順位が種別Sという最上級になります。JALのクラスJ空席待ちはかなり多いので、これから種別Sの空席待ちがどのくらいのUP率かは乗りながら確かめたいな〜と思います。

ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場

羽田空港国内線第1ターミナルと、伊丹・新千歳・福岡空港ではダイヤモンド・プレミア専用の保安検査場があるので、これを利用できます。

これらの保安検査場はラウンジ直結となっており、快適さも段違いですね。待ち時間も激減しますし、これはプレミアならではのメリット。

ファストセキュリティレーン

成田空港第2ターミナル出発のJAL国際線利用時に、セキュリティレーン入り口の専用セキュリティチェックJALファストセキュリティレーンが使えます。

なかなか良さそうですが、こちらも対象者は下記の通り、JGC・JMBサファイアでも利用可能なのでプレミアの特別感はありません。

ファストセキュリティレーン対象者
・ファーストクラス
・JMBダイヤモンド/JGCプレミア/JMBサファイア/JALグローバルクラブ会員
・ワンワールドエメラルド
・同行者(1名まで)

優先搭乗

優先搭乗でも、ランクが上がりましてお手伝いが必要な方の次に乗り込むことが可能です。

優先搭乗、エコノミーに乗るときは使えますね・・・オーバーヘッドの取り合いを回避できるので!しかしこないだ乗ってきたクアラルンプール線ではエメラルドも多かったです・・・世の中は広いです。。

JALビジネスクラス搭乗記・スカイスイートⅢ(SS-9)最新鋭B787-9【成田〜KUL】JL723

2017.10.12

スポンサーリンク



ラウンジサービス

JGCプレミアになるとワンワールドでのステータスがサファイアからエメラルドに昇格します。

これが一番大きいところでしょう。世界各地のエメラルド専用ラウンジが使えます
ちなみにJGCなどサファイアで使えるサクララウンジだと様子はこんな感じ。

成田空港JALサクララウンジ・サテライト訪問記〜時間によって激混みです〜

2017.10.08

サクララウンジ、十分なんですけどやっぱり人が多いんですよね。。

JGCプレミアまで行くと、国内線では最上級ラウンジは羽田空港、新千歳空港、伊丹空港に設置のダイヤモンド・プレミアラウンジ。国際線では羽田・成田に設置されているファーストクラス・ラウンジが利用可能になります。(参考:JAL公式)

国内線の最高峰はJALダイヤモンド・プレミアラウンジ(通称DPラウンジ)になります。

国内線ラウンジなのに、軽食が出るのが最大のメリット。
特に、JAL特製の揚げたてカレーパンが、絶品です!

羽田空港国内線JALダイヤモンド・プレミアラウンジはサクララウンジとどう違う?【特製カレーパン!】

2018.03.09

せっかくエメラルドになったので、来年は各所の最上級ラウンジを利用してみたいな〜と思っています。が!エメラルドの真価を発揮できるのはやっぱり海外特に香港

最近経営が悪化していてサービスの存続が不安視されてはいるものの、ラウンジの評価はピカイチのキャセイパシフィック航空ラウンジ

その本拠地である香港国際空港には上記のようにラウンジがたくさん設置されていますが、The PierThe Wingのファーストクラスラウンジはワンワールドエメラルドでないと入れない場所

リンク先のキャセイ公式ページを見ていただければわかりますが、まあ贅沢でお風呂まであるというラウンジであります。。今から行くのが楽しみですね!

会員限定サービス

ここからはJGCプレミア会員向けのサービスなどなど。

国際線機内販売事前予約


対象の国際線搭乗時に、事前に機内販売を予約できるようになります。公式ページはこちら。ちなみに2017年9-10月の商品ラインナップのサンプルはこんな感じです。

機内販売かあ〜これまであまり利用したことがありませんが、これを機会にラインナップをチェックしたいと思います。。

受付期間などは、実際にJALから来た案内メールによりますと・・

国際線機内販売事前予約 受付期間
・搭乗日3カ月前の同一日から、出発の72時間前まで。
*3カ月前に同一日がない場合は3カ月前の月末日となります。

機内Wi-Fiサービスのご利用


すでにJALでは国内線でWifiが自由に使えるようになっていますが、ダイヤモンド・プレミア限定で国際線でもキャンペーンを利用することでWiFiサービスが40回分無料で使えるコードがもらえます。キャンペーン登録が必要なので注意が必要です。

FLY ON アップグレードパッケージ

FLY ONアップグレードパッケージと称してステイタス会員向けの特典がありますが、このあたりはJGCプレミアに限った特典ではありません。

読んで字の如しな特典なので、詳細はリンク先のJAL公式ページに譲ります!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM特典

こちらはJMBダイヤモンド・JGCプレミアのみの特典で、JALラウンジの利用とエクスプレスパス・プレゼントの二種類があります。

JAL公式ページ:http://www.jal.co.jp/jmb/usj_flyon/

JALラウンジ利用可能
「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」に用意されているJALラウンジが使えます。
同行者含めて5名まで利用可能(3歳以下の子供も一人に含まれる)
事前予約は不要、営業時間は11:00-17:00
エクスプレスパス・プレゼント
JAlラウンジに行ったJMBダイヤモンド・JGCプレミアの方限定
〔2018年2月28日まで〕先着50名
〔2018年3月1日より〕先着30名

「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」、「ジョーズ™」(13時以降)、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド™」(13時以降)のいずれか1つのアトラクションにおいて利用可能なエクスプレス・パスをもらえます

JALとっておきの逸品 限定商品

これはサファイア以上の特典と同じ部分。手持ちのマイルをJALがセレクトした商品と交換できます。ログインしないと見れないページなので一応ご紹介しますと・・・

こんな感じですかね。今流行りのSIX PADが5万マイルでもらえちゃう!・・・。
いや〜微妙ですね。。マイルが余ってしょうがない人向けです・・・

パイロット体験 航空教室

こちらはJMBダイヤモンド・JGCプレミアのみの特典。
3万マイルフライトシミュレーターを用いた実際の操縦訓練ができるとのこと。定員は1回につき3組、1組は2名まで。

パイロットからの説明40分、フライトシミュレーター95分、工場見学エリア30分。

これはなかなか貴重な経験だな〜とは思いますが、3万マイルかあ〜ってのが正直なところ。。本物の飛行機好きならたまらんのでは!

新羅免税店でのご優待

ここは公式からの引用のみで。

2018年3月31日まで、JGCプレミアカードとパスポートのご提示で、新羅免税店(ソウル店)でご利用いただけるプリペイドカード10,000ウォン分がお受け取りいただけます。

電子マネー特典「WAON」ボーナスWAONプレゼントキャンペーン

通常1万マイルが1万WAONになるところが、12000WAONになります・・・がWAONに交換する人はいないと思うので、割愛!

サービスセレクション

さて、最後はサービスセレクション。ダイヤモンド・プレミア会員向けに以下の特典の中から一つを選択してタダでもらえます!内容は年度によって異なるため、2018年度のものをご紹介します。

eJALポイントコース
ダイヤモンドは6万、JGCプレミアは3万のeJALポイントがもらえます。
eJALポイントはそのまま航空券購入に使えるので、まあ3万円のキャッシュバックとほぼ同義。

パートナーステイタスコース
配偶者に自分と同じレベルのステータスをプレゼントできるというもの。エメラルド限定ラウンジや、ダイヤモンド・プレミア専用レーンなども使えるようになるので人によってはメリットがあるかもしれません。

ちなみにこのコースはパートナーステイタスだけでなく、ラウンジクーポン5枚+フラワーギフトサービス1枚が付帯します。

スマートギフトコース
「リンベル スマートギフト カタログ」のなかから、旅館の宿泊・食事券・商品券・家電製品などと交換いただける「ポイント」がもらえます。ダイヤモンドが51000円分、JGCプレミアが31000円分となっています。

リンベル スマートギフトってなんじゃいと思って検索すると、多分これですね:リンベル株式会社公式。内容はざっと見てみましたが、まあ3万円分温泉に行くか、いいレストランに行くかって使い方が多そうですね。

というわけで、こだわりがなければeJALポイントに落ち着きそうなのが、サービスセレクション。

【2017.12.21追記】
実際にJGCプレミア資格で申し込み画面から選んでみたので、興味のある方はこちらもどうぞ。

JGCプレミア・JMBダイヤモンド特典のサービスセレクションってどんなもの?【2018版申し込み】

2017.12.21

スポンサーリンク



JGCプレミア修行と費用の記録

さて、JGCプレミアに至るまでのこれまでの記録を一覧表にしてみました。

旅行 区間 FOP 獲得マイル 費用
JALプレエコでバンコク ITM-HND-BKK 11328 7872 112000
バンコク発券マレーシア航空ビジネスクラス BKK-KUL-KIX 9576 9576 72000
JAL特便21で沖縄 KIX-OKA 3312 1570 22600
3月普通に沖縄旅行 ITM-OKA 2364 2202 29300
JALプレエコでOKA-SIN OKA-HND-SIN 15742 13318 115490
OKA-SINの前後区間(関西から沖縄往復) KIX-OKA 2216 2088 29200
りそなJALスマート口座 1000
初回搭乗ボーナス 5000
JALカード入会 7500
マレーシア航空ビジネスクラスで行くオーストラリア KIX-KUL-SYD 17952 17952 139470
JALビジネスクラスSS9で行くクアラルンプール ITM-NRT-KUL 12734 14834 116660
カード決済 10543
合計 80954 94339 636720

こうやってみるとかなり使ってますね・・・。色々あって全て持ち出しではないのが救いでしょうか。。

総額63万円、最終的なFOP単価は7.86。マイルが9.5万貯まっているので1マイル2円とすれば実質的には44万円

こうやってまるめて額面にすると大きく感じますが、これだけ色々飛び回って楽しめたことを考えれば、かなり充実していたなあ〜というのが実感でしょうか。しかしこりゃーさすがに仕事で乗るor海外在住などでないと一年で限界・・・とても時間とお金が持ちませんな!

頑張ってお金を貯めて、いつの日かアーリーリタイアしたら、またプレミア目指してたくさん乗りましょうかね。。あ〜でもその時にはそれならANAダイヤ目指すかってなってるかも??

まとめと感想

一応理由があってANAのSFCからJALに乗り換えるために始めたJGC修行。

JGCで十分なんじゃないのとは思いながら、せっかくならワンワールド・エメラルドの世界を垣間見たいな〜という勢いだけでJGCプレミアまで達することになりました。

感想は?と聞かれれば・・

中身は修行というより単に旅行に遊びまわっていただけなので、まあ過程をすごく楽しめました!ただ、来年は節約しなきゃなという思いと、エメラルド使いこなさなきゃなという思いがせめぎあっております。。

こちらもどうぞ

JALマイルを貯めるのにも、British Airwaysの特典航空券でJALに安く乗るにも使えるSPGアメックス。使いこなせれば本当に強力なカードです!

SPGアメックスは実際どうなの?お得な使い方のまとめと2年使ったリアルな感想。

2017.10.13











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です