スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteを4年間ずーっと連れ回した感想。旅行好きには特にオススメな8つの理由と選び方

旅行に持っていくグッズとしてこれだけは買ってよかったなあと心底思うのがKindle。

2014年にKindle paperwhiteを購入して今も使っているのですが、旅行に行くのに読みたい本をダウンロードしておくだけで、何百冊持ち歩いてもわずか205gで済むという、まさにこれまでの「本を持って行きたいけど荷物が重くなる」というジレンマを解決した最高の一品!

何しろ軽いので、どこに行くにも4年間ずーっと連れ回しています。。

なぜKinldeがオススメできるのか、どのタイプを選ぶべきなのか、そしてKindleの欠点は何か?
まとめてみました。これは本当にオススメなんですよ!




kindleで出来ること

まず、kinldeはこんな商品。

Kindleには何種類かあるのですが、最もポピュラーで、私も愛用しているのがKindle paperwhite
paperwhiteのスペックで、大きさは169 x 117 x 9.1 mmと手のひらにすっぽり収まるサイズ。重さは公式アナウンスで205g

205gってめちゃくちゃ軽いですよ!

裏面を持つとこんな感じ。すごく持ちやすいサイズで、ほんとよく設計されてるな〜と感じます。

で、実際にKindleで本を読むまでのステップは、

Kindleで本を読むまでのステップ
1 AmazonのIDとリンク
2 PCやiPadでAmazonのページからKindle版の本を購入
もしくはKindleから直接Kindleストアにアクセスし本を購入
3 ネットにアクセスされると自動的にKindleに本がダウンロードされる
(設定変更可能)
4 読む
ダウンロードした本は上の写真のような感じでKindleの中にストックされ、読みたい本の表紙をタップすると、前回読んだところからスムーズに再開できます。

Kindle Paperwhiteのメモリは4G
これが多いか少ないかはこれだけでは伝わらないのですが、

一般的な書籍のKindle本であれば本体に数千冊、クラウドには容量無制限に保存可能なので普通に使う分にはメモリの心配はほぼ不要です。

kindleの種類:どれを買うべき?

現在Amazonから販売されているKindleは全部で5種類になります。

Kindleの種類
・Kindle
・Kindle Paperwhite
・kindle paperwhite マンガモデル
・kindle Voyage
・kindle Oasis

下に行くにつれて性能が良くなるわけですが、ぶっちゃけていうとKindle Paperwhite通常版が最もコスパが良いと思いますのでオススメですが、各Kindle別にどこがどう違うのかを見ていきましょう。

まずは一覧表から。

モデル Kindle Kindle paperwhite Kindle paperwhite
マンガモデル
Kindle Voyage Kindle Oasis
値段 8980円 14280円 16280円 23980円 33980円
内蔵ライト なし あり LED4個 あり LED4個 あり LED6個
自動調整機能つき
あり LED12個
自動調整機能つき
ページめくり タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン タッチスクリーン
ページめくりボタンつき
タッチスクリーン
ページめくりボタンつき
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 300ppi 300ppi
バッテリー 数週間 数週間 数週間 数週間 数週間
接続 Wi-Fi Wi-Fiまたは
WiFi+無料3G
Wi-Fi Wi-Fiまたは
WiFi+無料3G
Wi-Fiまたは
WiFi+無料3G
重量 161g 205g/217g 205g 205g/217g 194g/194g
ディスプレイサイズ 6インチ 6インチ 6インチ 6インチ 7インチ
ストレージ 4GB 4GB 32GB 4GB 8GB/32GB
防水性能  なし なし なし なし あり

ということで要点は・・

ざっくりしたKindle各種の違い
・無印のKindleだけバックライトなし、解像度も低い
・マンガモデルとOasisは大容量
・VoyageとOasisには明るさ自動調整能付き
・Oasisだけちょっと大きめ7インチで防水機能付き

という感じでしょうか。こうやって一覧にするとOasisの性能がズバ抜けているように見えますが(実際そうなんですが)、普通に使う分にはPaperwhiteで十分かな〜というのがこの4年間の感想

それじゃ各種を簡単にご紹介。

スポンサーリンク



kindle

無印のKindleはとにもかくにも安い!
Paperwhiteよりも6000円も安いのでかなりリーズナブル。ただしバックライトがついていないのがかなり痛い

飛行機の中など薄暗いところではこれがあるとないでは大違い。いや、個人用ライトつければいいじゃん?と思う方なら、いいかもしれません。
あとは解像度も無印だけ低いので、それでもいいという方向け。

kindle paperwhite

Kindleでは最も人気のタイプ。
何がいいって必要最低限の機能が付いていて、Kindle 5種類の中では安いということ!
とりあえずこれを買っとけば間違いない。どうしても上位機能が欲しい人はお金を出して上位3種の中から選びましょうって感じです。

kindle paperwhite マンガモデル

次にマンガモデル。
マンガモデルってなんじゃ?どこが違うの?って感じなのですが、

Kindle Paperwhite マンガモデルのメリット

容量が他モデルと8倍の32GB。マンガ本にして約700冊分多く持ち歩くことができる。

発売当初はページめくりが33%高速化されていたり、連続でページをめくる機能があったものの、今はその機能は他のモデルにも適用されたので、マンガモデルだけの機能ではないことに大注意!

必要時(旅行の前など)に読むであろう分だけWiFi下でKindle本体にダウンロード、読まないであろう分は本体から削除してクラウド上で保管という運用をするなら、容量の差はデメリットにならないので、マンガモデルを選ぶ際はこの辺りの使い方次第でしょうか。

kindle Voyage

で、Voyage。
上の一覧表ではイマイチvoyageならではのメリットが見えにくいんですが、つまるところ・・・

Kindle Voyageのメリット
・Paperwhiteよりも1.5mm薄い
・LED6個になってちょっと明るい&明るさ自動調整能がある
・ページめくりボタンがある

って感じになります。
値段的にはPaperwhiteより約9000円高いので、この機能に9000円払えるかっていうと・・・
私は微妙かな〜と。。それならもうちょっと追加で払って次の最上級モデル、Oasisを買うかな〜。

kindle Oasis

最上位モデルのKindle Oasis。こちらも一覧表では見えてこないメリットがありまして・・

Kindle Oasisのメリット
・厚さが3.4mm、重さ194gと最も軽い
・実は充電が最も長持ちする
・LED10個でさらに明るい&自動調整機能付き
・ページめくりボタン付き
・防水機能付き

というわけでまさにKindleの王と呼ぶべき機能を兼ね備え、さらに最薄・最軽量
8GBなら、数千冊の書籍、約140冊のマンガが保存可能、一度充電すれば最大6週間読書可能とまさに最強のKindle。

そして10月31日に発売になる2017年モデルでは、ついに防水機能付きになりました。

防水機能付きなら、こんなところで寝そべりながら読書をしても、壊れる心配がありません。
いや〜お金持ちなら、これ一択でしょうな!

スポンサーリンク



Kindleをオススメする8つの理由

ってことで私自身は一番コスパの良いKindle paperwhiteをずーっと使っていて、かなり満足しています!

メリットやおすすめポイントはたくさんあるのですが、ざっと8個にまとめると・・・

1 ダウンロードしておけばkindle1つで大量の本を持ち歩ける

とにもかくにもこれですよ!
読みたい本って何冊か持ち歩きたいけど、その数を増やせば増やすほど荷物が重くなりますよね。
普段の通勤でもそうですが、ましてや旅行、特に海外旅行となると暇な待ち時間に読みたい本は何冊でも持って行きたいはず。

そんな悩みはKindleさえあれば解決です。
当初、私は友人に勧められてKindleを買いましたが、いやーこれは旅行好きと抜群の相性です。
とりあえずこれだけカバンに入れておけば旅先でもどこでも好きな時に読みたい本が読めます!

2 kindle本の価格は通常価格より安い!

さらにここ重要。
Kindle本は電子書籍なので、印刷にかかる費用がかからない分、紙の本よりも安いです。
どれくらい安いのか?

例えば私がよく英語の勉強法の本でオススメしている「村上式シンプル英語勉強法」
リンクを辿ってもらえると分かりますが、紙の本が1620円に対してKindle本は680円!!
本によって割引率は違いますが、いや〜これはかなり大きい違いです。普段から読書量が多い人ほどKindleを使えば使うほど節約ができます

関連記事:旅行レベルの英語を身につけるための勉強法〜もし今から嫁にイチから教えるなら〜

3 kindle本を対象に定期的にセールあり!

さらにさらに。
通常でも電子書籍は紙の本より安いのですが、Kindle本では頻繁にセールが行われます

定価では買う気にならないけど、半額なら読んでみようかなって本は結構あると思います。
まあAmazonの戦略通りといえばその通りなのですが、そういう機会がなければ出会わなかったであろう本って多いので、自分の守備範囲以外にも知識を広げるという意味ではめちゃ役に立ちます。

4 もう発売日に書店に探しに行かなくて済む。自宅でダウンロードするだけ!

あとはネット時代の恩恵。
例えば人気の作家の小説とか、マンガの単行本とか、昔は発売日に本屋さんに探しに行ったじゃないですか。そしてその本屋になければ次の本屋まで探しに行くという・・・。面倒でしたよね。

Kindleさえあれば発売日になればクリック一撃でダウンロード可能です。
もうわざわざ探しに行くこともないし、探しに行ってもないというイライラともオサラバです。
最高ですよ、これ。まあこの辺りは読書アプリ+スマホとも同じといえば同じ。

5 最近ではマンガも超充実

最近ではマンガもKindle版が超充実です。
昔はマンガはKindle本少なかったんですけど・・今は選びたい放題です。

(HUNTER×HUNTER 34巻より)
マンガはKindleでは見辛いんじゃないの?って心配もあるかもしれませんが、安心してください。問題ありませんよ!


(少女ファイト13巻より)
あと、昔はスマホのように指でのズームイン・ズームアウトができずに不便だったのですが、最近のソフトウェア・アップデートで可能になりました!これは大きな改善点。

6 異様に長持ちするバッテリー

Kindleはバッテリーの持ちが半端なく良いです!良いってレベルではなくて、ずっと使っているとあれ、最後に充電したのいつだっけ・・・?というレベルに良い
公式ページの案内では、一度の充電で最大6週間使用可能

これもかなりのメリットでして、1週間や10日くらいの旅行ならKindle用に充電器を持って行く必要はまるでないので、荷物が一つ減ります。旅行するのに荷物が少ないのは超重要です。

7 重要な部分にマーカーも引ける、後から検索可能

あと、紙の本なら自由にマーカーで線を引けるけど、Kindleだとできないんじゃ?って思うかもしれません。でも、これもKindleでは可能です。指でなぞるだけでマーカーをつけられます。

そして、後からその部分だけ読み返したい場合はこんな感じでマーカー部分だけ検索をかけられます!

8 ちょっと書店で買うには恥ずかしい本もクリック1つでOK!

あとはですねー、これも隠れたメリット。
ちょっと本屋で買うには勇気がいる本ってありますよね?いや別にエロ本の話をしているのではなくて、例えばちょっと表紙がセクシーすぎる、とか本の題名が官能小説みたい、とかあるじゃないですか。

そんな悩みもKindleがあれば解決です。
Wifiさえあればクリック一撃でダウンロードできます!(あ、Amazonの購入履歴には注意ね

スポンサーリンク



逆にデメリットは何か?

さて、逆に使っていて不便だなと思うことはこの3つくらい。

パラパラめくって特定の場所を探しにくい

Kindle長年使っていて唯一と言っていい弱点はこれでしょうか。
紙の本の「パラパラめくる感覚」そして「パラパラめくって読みたかった場所を探す」ことができません

一応、ついさっき出たようにマーカーをつけておいた場所に戻ることは簡単にできます。ただ、パラパラめくって探す、のは構造上ちょっと探しにくいです。

見開きページはちょっと見辛いかも

マンガでたまにある見開きページ。


(HUNTER×HUNTER 34巻より)

これはちょっと見えにくいんですよ。。ちょっと残念ポイント。

ページ間を行ったり来たりする勉強の本にもちょっと不向き

あと、さっき出てきた英語の勉強法の本など、何度も繰り返し必要な部分を行ったり来たりして読む、あるいは気づいたことを書き込んで勉強するって場合にもちょっと紙の本より不便です。

逆に、前から後ろに一方通行に読み進めていく小説・マンガ・ビジネス書ではKindleは最高にスムーズ!

結局どのKindleを買えばいいのか?

そんなわけで個人的には必要機能がきっちり詰まって、かつ安いKindle Paperwhite WiFiをオススメします。

3G版もありますが、そもそも容量が大きいものをダウンロードしようとするとWifiに接続してくださいと表示が出ますし、個人的には3Gをつける意味はほとんどないかなと感じます。

読書量が多い人ならKindle Unlimitedでさらにお得!


最後に、読書量の多い人ならKindle Unlimitedってサービスもあり、これだと月980円で本・コミック・雑誌なども読み放題!ある程度本を読む人ならオススメです。30日間の無料体験もあるので、どんな本があるかなどのリストをKindle Unlimited公式でチェックしてから、どうぞ。

Kindleを安く購入するならプライム会員はPrime Readingも使える


あと、最近はAmazonプライム会員のメリットにPrime Readingってサービスが追加されました。
これまたプライム会員だと対象の本・雑誌・マンガなどが読み放題。いや〜Amazonはどんどんプライム会員向けのサービスを強化していってますね・・・!

Amazonプライムは月400円にしてはちょっともうメリットがありすぎです!
固定費は節約の大敵と思っている私も、こればっかりは利用しています。。うぬぬ、便利なんだもの・・・。

あと、これからKindle買ってもいいかな〜と思っている方は先にPrime会員になってから購入すると、それだけで4000円引きで購入可能!ただし、無料体験期間中は対象外なのでご注意ください。

まとめ

旅行好きの方には絶対オススメしたいKindle。
これがあるだけで待ち時間や移動時間の有効活用が半端なく向上します!そして何冊持ち歩こうがKindle一つ持ち歩くだけで良いのは本当にすごいです。

もちろん普段の通勤時間、病院や役所など待ち時間の多い場所にもこれ一つ持って行くだけで大活躍します。一度使ったらやめられません!それくらいの名品です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です