スポンサーリンク

JALビジネスクラス搭乗記・スカイスイートⅢ(SS-9)最新鋭B787-9【成田〜KUL】JL723

海外旅行に行くたびに、颯爽と優先搭乗でビジネスクラスに乗って行く人たちを見て、いや〜この人たち、一体どーやって国際線のビジネスクラスになんて乗ってるんだろ??あれって滅茶苦茶高いよなぁ・・・みんなお金持ちなのか、会社のお金で乗っているのか・・?

私もそう思ってました!長いこと。。

確かに本当のお金持ちもたくさん乗っていると思いますし、会社のお金で乗っている人もいるでしょう。しかし、マイルを貯めれば自分のような小市民でも乗れます!

今回乗ったのはJALの成田〜クアラルンプールのビジネスクラス。しかも現時点で最新鋭のスカイスイートⅢ!やっぱり国際線のビジネスクラスは良い!いい経験になりました。




ビジネスクラスに乗る現実的な方法

料金はどれくらい違うのか?

まず思いますよね・・国際線のビジネスクラスなんて滅茶苦茶高いと!
そうですその通りでありまして、普通に成田〜クアラルンプールのJALビジネスクラスを購入しようとするとおおよそ23-24万円エコノミーなら約6.6万円(時期と空席により変動します)なのでおおよそ4倍!どんな金持ちが乗るんだろ〜かと思いますよね。。

プレミアムエコノミー+マイルでアップグレード

今回は約10万円でプレミアムエコノミーを購入+3万マイルで往復をビジネスクラスにアップグレードしています。

ちなみに普通に特典航空券としてJALマイルから発券すると往復で8万マイル曜日限定特典だと6万マイルが必要です。もっと効率よく発券するにはアラスカ航空のマイルから予約するなど色々方法がありますが、本題と逸れるのでここでは割愛。今回はJGCプレミア達成のために有償で購入しなくてはいけなかったので、プレエコ+アップグレードに落ち着きました。

あと、この路線は往路が昼便、復路が夜便
どちらをアップグレードするかは非常に悩みましたが、結局両方アップグレードしてみて今後の糧にすることにしました。その結果はこちらの記事にまとめてあります。

ビジネスクラスに乗るには昼便がいいか夜便がいいか?両方乗って結論出そうの巻【NRT~KUL】

2017.10.10

JALビジネスクラス・スカイスイートⅢ(SS-9)搭乗記

成田国際空港(NRT)とサクララウンジ

私は関西在住なので、まず成田空港まで国内線で移動です。
最近は羽田の国際線が充実しているので成田にはあまりご縁がなくて、久々の成田!

ですが乗り継ぎにもあまり時間がありませんので海外駐在中の友人にお土産だけ購入して、サクララウンジへ。

成田のサクララウンジは、本館とサテライトに分かれており巨大な本館ラウンジに比べてサテライトはこぢんまりしています。

とはいえ、さすがに日本のフラッグシップの本拠地ラウンジということで日当たりのいい良い場所に陣取っており、混雑さえしていなければ十分くつろげると思いますね〜。

今回はビジネスクラスの昼食が機内でいただけますのでサクララウンジでは控えめにカレーとサラダだけ補給して機内へ。

成田のサクララウンジ・サテライトについてさらに詳しくは下記記事を参照です。

成田空港JALサクララウンジ・サテライト訪問記〜時間によって激混みです〜

2017.10.08

また、JGC(JALグローバルクラブ)資格を持っていればたとえエコノミークラス利用でもサクララウンジの利用は可能です。JGC修行についてはこちらを参考にしてください。

JGC修行解脱!JAL上級会員になる方法・そのメリットと費用【JGC修行の全て:2018年版】

2017.04.01

日本航空JL723


さて、ゲート前で一枚撮影してから搭乗。
優先搭乗はお手伝いが必要な方〜ワンワールドエメラルド(JALダイヤモンド・プレミア)〜ビジネスクラス+ワンワールドサファイア(JALサファイア・JGC会員)の順に行われます。

JGCが多いのはわかっているのですが、それにしてもエメラルドの多いこと!一度達成したら(今のところ)一生維持できるJGCと違ってワンワールド・エメラルドは一年毎の更新が必要な資格。エメラルドで乗って行く人は本当に相当数飛行機に乗っている方ということになりますが、いやはや・・・思ってたより多い!

クアラルンプール発券の利用者様が多いのか、仕事の方が多いのか・・・世の中は広いですねぇ。。

JALクアラルンプール発券を考える〜片道KUL行きの選択肢

2017.04.13

シート:JALスカイスイートⅢ(SS-9)

ビジネスクラス搭乗の場合は、オーバーヘッドスペースの取り合いもないため、ゆっくり搭乗すればいいのですが今回はシートの撮影もしなくてはならなかったので割と早めに搭乗。しかしエメラルド様も多いためあまり大手をふるって撮影はできません笑

控えめにささっとシートまわりを撮影します。シートの全体像は結構引きで撮影しないと難しいですねぇ。ビジネスクラスは1-2-1のコンフィグレーション(配置)で、今回は窓側席をセレクト。

椅子は窓に向かってナナメに設置されており、サイドボードはシートと窓の間に挟まるようになっています。白い木目調が綺麗ですね!いや〜新しいものの匂いがします。

こんな感じで、座ると窓がちょっと遠いのはデメリットかもしれません。あと、窓の下に半円状のボタンが見えますでしょうか?これは電子シェードになっていて、ボタンを押すと暗くなって日光を遮断することができるようになっています。いや〜アナログなシェードの開け閉めに慣れていると、新鮮です!

サイドテーブルの上にはユニバーサルの電源・USBポート、イヤホンジャックが設置。PC作業をしたり、スマホを電源しながらいじるには絶妙な位置ですね〜これは。上に見えているのは個人用の収納ボックス。

ドアを開けると中は〜すいません、逆光+ピンボケになっちゃいました。。
ヘッドホンをかけておくフックと、鏡がついています。この鏡も女性には使いやすいものではないでしょうか。コンタクトレンズがずれた時に直すのにも便利でしたよ笑

収納ボックスの横にはスマホ型のコントローラー(CAさんを呼ぶのにも使える)、個人用ライトがあります。
このコントローラーも昔はアナログだったのに、今や凄い時代になりましたねぇ。。

画面もまだ新しい機体なのでめちゃ綺麗!iPhoneで言うところのHomeボタン、CAさん呼ぶボタン・電気をつけるボタン・Backボタンとなっています。ちなみにボタンの感度もいいので、ちょっと触れただけでもCAさん呼ぶボタンを押し(たことになってしまう)ので座っている時も注意が必要だったりします!

うーむ、ちょっと反射してしまいましたが、スマホの画面にメニューが出ているのが見えるかと思います。普通に使いやすいです。

ヘッドホンも同じくセットされていて、SONYのノイズキャンセリング付き。
ただこのB787-9、さすが最新鋭機だけあって機内は相当静かでしたよ!

通路側には垂直方向に引き上げる方式の肘掛けがあります。離着陸時は収納するのですが、この肘掛け一つあるだけで通路側とスペースが遮断されるので、これがあるのとないのではちょっと違うな〜と感じました。

で、通路側にはシートの調整ボタンがあります。これを押してリクライニングしたりフルフラットにしたりできます。

シートからみた通路の感じはこう言うビューになります。
直線距離としては結構廊下に近いのですが、つい立てが目線を完全にシャットアウトするのでCAさんが通路を歩くのもあまり気になりません。むしろ、リクライニングしているとトイレが空いてるのかどうか確認するのに体を起こさないといけなかったりします笑

サイドテーブルとは別にメインテーブル?ももちろん設置されており、こうやって壁から下ろす方式。かなり大きく感じます。

で、スライドするとこんな感じでさらに身体に近くなります。

PC作業をするにも結構いい高さかつ、ちょうどいい大きさのボードだと思います。
また、このスライド方式のいいところは「食事が配膳されている間でも、スライドを調整すればトイレに行ける」と言うこと!
空の上では急にトイレに行きたくなることもありますし、食事中でも気兼ねなくトイレに立てる(自由度がある)のはいいな〜と思いましたね!

で、最後に個人用画面と全体像はこんな感じ。なんとなくイメージが伝わりましたでしょうか??
狭いと言う評価もあるようですが、個人的には個室感があって、出入りもしやすいし快適だと思いましたよ!

アメニティ

ビジネスクラスのアメニティは搭乗時にセッティングされており、巾着袋に入っています。

巾着袋の中身はこんな感じで、モイスチャーマスク・耳栓・歯ブラシ・アイマスクという感じ。

ここは、マレーシア航空のようにポーチ型の方が見栄えはいいですな・・。

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西〜KUL〜シドニー】MH53&MH123

2017.07.17

スポンサーリンク



機内食(昼食)

離陸したあと、しばらくしてから飲み物の希望調査。そうこの黒いメニューブック。これを持って注文して見たかったんですよね〜これはビジネス以上にしかありませんから。。

ビジネスクラスの飲み物はシャンパンに始まり、白ワイン赤ワイン日本酒・・とかなり色々種類があり、また頻繁に入れ替わったりするのでJAL公式ビジネスクラスお飲み物ページで事前に調べられます。

ここはやっぱり普段は飲まないシャンパンから行きましょう!

食事は洋食と和食から選べます。さらに洋食は二択になっており、これじゃ〜見えにくいので抜粋しますとこんな感じ。

和食
海老和風タルタルソース掛けキャビア
花レンコン・秋刀魚山椒・鰻巻き・衣かつぎ
豚すき煮・人参・温度卵・しいたけ・長ネギ・しらたき
柿なますごまクリーム
鱧霜降り梅肉 河豚昆布締め

和風牛タンシチュー
鮭味噌漬け

洋食
サーモンのマリネ ヨーグルトのソース
(どちらか選択)
・国産牛サーロインステーキ 木の子の盛り合わせとラビゴットソース
・鯛の胡麻付け焼き 3種のビューレとブールブランソース

(テキスト)

どっちが人気あるんでしょう?空の上でのステーキには期待するなと誰かに言われた気はしますが、やっぱり誘惑に勝てずに洋食でメインはお肉をチョイス!だってサーロインステーキって書いてあるんですもの・・・!

それにしても空の上のシャンパンはやっぱり格別。また、仕事を頑張ろう、マイルを貯めようという気持ちになりますねぇ・・!

メインの前にオードブル。
これがなかなか肉厚のサーモンで美味しい。サーモンもね・・普段はわざわざ買っては食べませんからなぁ。。

さてメインのステーキの登場。
焼き加減チェック!

やはり割としっかり目の焼き加減、なのですが〜お肉がいいのか普通に美味しい!
地上の高めのレストランと比較するのはお門違いと思いますので、空の上でこのクオリティのステーキなら私はまた頼みたいと思いましたね〜(この辺りは個人差があると思います)

で、食後にコーヒーをいただいてフィニッシュ!
いや〜満足でしたな・・・今年いっぱい乗ったマレーシア航空ビジネスクラスと比べると(比べるのも難かもしれませんが)、やっぱり食事は日系が美味しいって評判は間違いじゃないですね。美味しかった!

やっぱりこのあたりはプレミアムエコノミーとは天と地ほどの違いがありますね。。さすがビジネスクラス!
JALプレミアムエコノミーについてはこちらをどうぞ。

機内エンタテイメント・映画


機内エンタテイメントはスマホ型のコントローラーで操作できます。
やっぱり日本語で観れたり、日本語字幕があると楽ですね〜マレーシア航空だと日本語映画は3つの中からしか選べませんでしたからね。。

マレーシア航空ビジネスクラスのすべて【安全性・安く買う方法・シート・ラウンジまで】

2017.08.11

おまけ:トイレが綺麗!

これはおまけですが、さすが新しい飛行機だけあってトイレが綺麗!
そしてウォシュレットがついております!いや〜これは女性陣にはかなり嬉しいのではないでしょうか。素晴らしい。

フライト的まとめ

便名:JL723
行き先:成田国際空港(KNRT)-クアラルンプール国際空港(KUL)
時間:11:20-17:45
クラス:ビジネスクラス
シート:11K(窓側)
機材:B787-9
搭乗時ステータス:JMBサファイア・JGC
マイル積算(プレエコ加算):JAL 6843マイル 5407FOP 

そしてこの往復でJGCプレミアまで達成となりました。その過程はこちらにまとめてあります。

JGCプレミア修行解脱。JGCプレミアのメリットと獲得費用のまとめと感想

2017.10.23

まとめ

国際線のビジネスクラスは憧れの的。ましてやJALやANAのフルフラット・ビジネスクラスなんてお金持ちか会社持ちじゃないと乗れないように感じてしまうくらいに高いですが、マイルを活用すればその夢も実現可能です!

海外旅行は好きだけど、往復のエコノミーが狭くて辛いと思っている方も多いと思います。そういう意味ではマイルの貯め方や使い方を知ればそれだけで旅行や人生の幅を広げることができるかもしれません。いや〜よかったです、JALの最新鋭ビジネスクラス!

こちらもどうぞ

マレーシアではホテルによってはユニバーサルプラグになっていないところも多いので、全世界対応プラグを持っていくのが良いでしょう!私はこいつがオススメです。

【日本製】全世界対応電源変換アダプターROAD WARRIORは便利で丈夫-評価・レビュー【これさえあればOK】

2017.08.25

ビジネスクラスで十分快適だけど、ファーストクラスってどんなところ?
実際に14時間乗ってみました!全く別次元の快適さですよ!

夢のANAファーストクラス搭乗記!乗ってわかった「ファーストクラスのお作法」【ヒューストン〜成田】

2018.01.21










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です