スポンサーリンク

JALビジネスクラスSKY SUITEⅢ(B787-9)を発券【JGCプレミア修行:FOP単価9.1円】

JGC(JALグローバルクラブ)獲得のために必要なのは50000FOPを達成し、JMB(JALマイレージバンク)サファイアに到達すること。

さらに上級クラスとしてはANAの場合はダイヤモンドのみですが、JALの場合は10万FOPで到達するダイヤモンドの手前に、8万FOPで達成可能なJGCプレミアというクラスがあります。

JGCプレミアの魅力はやはり何と言ってもワンワールド・アライアンスにおいて最上級のエメラルドになること

半永久的にキープされるスターアライアンス・ゴールドやワンワールド・サファイアと違い、ワンワールドのエメラルドは達成条件をクリアしても翌年の一年間の資格となりますが、せっかくここまで来たらJGCプレミアまで狙ってみるべということで、年内に用事のあったクアラルンプール往復を利用することにしました。

スポンサーリンク



FOP計算のやりかた:東南アジアは1.5倍

JAL修行において東南アジア路線は使いやすいのですが、それはFLY ONポイントの計算の仕方に理由があります。(この部分は再掲なのでご存知の方は次の見出しへ進んでください)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-08-13-50-44

基本となるフライトマイルに行き先別に積算率が変わります。フライトマイルの計算は公式の計算器で行います。中国・香港・アジア・オセアニアは1.5倍とありますね。

特にシンガポールは往復の本数も多く、距離が稼げるわりには週末もしくは週末+1日で往復が可能なので人気があります。

また、JAL便に乗ることで1回搭乗ごとに400FOPの加算があります。公式ページを参照です

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-9-58-35

JAL東南アジアプレミアムエコノミー

2017年前半にJGC(JALグローバルクラブ)修行の時によくお世話になった東南アジアへのプレミアムエコノミー運賃。今年だけでこれに乗ってバンコク・シンガポールへそれぞれ往復しています、それぞれの発券時の記録はこちら。

バンコク発券マレーシア航空 格安ビジネスクラスでJGC修行

2016.11.29

【期間延長】JALプレミアムエコノミーでOKA-SINを発券【JGC修行】

2016.12.01

当時東南アジアへのプレエコ料金は期間限定運賃と案内されていたのですが、今のところ(2017年9月)この価格はこのまま据え置きになっているようです。下の画像がその時のHPの案内。

スクリーンショット 2017-03-09 11.28.31

で、現在のところも大阪〜東京〜クアラルンプールで検索するとこのように

スクリーンショット 2017-09-21 13.23.19

108000円、諸税込みで116660円となっています。チケットの諸条件は下記の通り。

予約クラス:E
最低滞在日数:2日以上14日以内
ストップオーバー:できません
予約の変更:できません
取り消し・払い戻し:できません

ちょうどもう一回クアラルンプールに行く用事があったので、今回は行き先はクアラルンプールで決定。JALのクアラルンプール線は成田発着になっているのでダイヤと加算FOPはこんな感じになりました。

(マイル加算はステータスによって異なります。JGC+JMBサファイアでの加算数)

区間 出発 到着 獲得マイル FOP
伊丹〜成田 08:00 09:20 574 960
成田〜クアラルンプール 11:20 17:45 6843 5407
クアラルンプール〜成田 22:50 07:05 6843 5407
羽田〜伊丹 11:30 12:35 574 960

最後の成田〜羽田間移動が若干うっとうしいですが、夕方には帰らなくてはならないため仕方ありません。

合計12734FOP、税込でのFOP単価は9.16になります。OKA-SINだとFOP単価は7.33羽田〜那覇なら単価5.9、関西〜那覇でも最高単価6.5円なので、単純に修行として考えるなら効率のいい方法は他にもありますね。沖縄線に関するまとめはこちら。

ただ、現在のステータスだと14834マイルもらえることを加味すると、あまりFOP単価にこだわらずとも良いのかなあと個人的には思います。

スポンサーリンク



最新鋭機B787-9のビジネスクラスへアップグレード

クアラルンプール線の使用機材

さて、せっかくこのフライトだけで約15000マイルももらえるので工夫してビジネスクラスに乗ることを考えます。

しかも成田〜クアラルンプール間にはB787-9という最新鋭機が運行しており、ビジネスクラスのシートもSKY SUITEⅢ(SS9)ということで新しい機材の快適シートを楽しむチャンスです。

SKY SUITE Ⅲ

プレミアムエコノミーは十分快適ですが、やっぱりビジネスとは雲泥の差がありますからね〜楽しみです!

SKY SUITE Ⅲ

片道15000マイルでアップグレード可能

JALアップグレード

アップグレードに必要なマイルはいくらかかるのかということですが、まずプレミアムエコノミーからビジネスクラスへのアップグレードに必要なマイル数は最初に公式を参照。

スクリーンショット 2017-09-21 15.11.14(2)
2017年現在はアップグレードディスカウントキャンペーンというのがあり、クアラルンプールまでだとビジネスクラスへのアップに必要なマイルは18000。

アップグレード必要マイル数

ここからさらにステータス会員向けのマイルバックキャンペーンというのがあって(似たような名前が続いてややこしい・・・)

マイルバックキャンペーン

結局この路線だと後日片道3000マイルが口座に戻されるので、実質15000マイルでのアップグレードになります。あれ、先ほど計算した今回発券のプレエコでの獲得マイルも約15000マイルでしたよね。

つまりこの値段で乗ると片道ビジネスクラスは実質無料ってことになります。うーむ、やはりステータスがあると色々と有利ですよね。

ちなみに、ビジネスクラスにアップグレードするのに昼便・夜便どちらをアップグレードするべきかは今回実際に乗ってみて今後の参考にしてみました。

ビジネスクラスに乗るには昼便がいいか夜便がいいか?両方乗って結論出そうの巻【NRT~KUL】

2017.10.10

まとめ

JGCプレミア達成に必要なのは80000FOP。
なかなか果てしない道のりのようですが、旅行や出張などを色々工夫してワンワールドに乗ることでここまで来ました。(OKA-SIN以外は)あんまり修行感はありませんでしたが、締めくくりはJALの最新鋭のビジネスクラスで締められそうでなかなか楽しみです。

その後実際に乗ってきたJALビジネスクラスの記録はこちら!

JALビジネスクラス搭乗記・スカイスイートⅢ(SS-9)最新鋭B787-9【成田〜KUL】JL723

2017.10.12

こちらもどうぞ

マレーシア航空のビジネスクラスには本当によくお世話になりました。安いし快適!

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西〜KUL〜シドニー】MH53&MH123

2017.07.17

JGCプレミアまで到達するにはいくら必要なんでしょうか?まとめてあります。

JGCプレミア修行解脱。JGCプレミアのメリットと獲得費用のまとめと感想

2017.10.23










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です