スポンサーリンク

【日本製】全世界対応電源変換アダプターROAD WARRIORは便利で丈夫-評価・レビュー【これさえあればOK】

海外旅行が趣味だと旅行に欠かせないグッズがいくつかあると思うのですが、中でも海外での充電・コンセントに対応するために必要なのが電源コンセント変換アダプター。

少し調べてみるとわかると思うのですが、この種のグッズは高いものから安いものまで結構ピンキリです。

私が愛用しているのがROAD WARRIOR「ゴーコン」という電源変換アダプター
城下工業株式会社という1923年創業、長野県に本社を置くという海外旅行用製品のまさにパイオニアともいうべきれっきとした日本企業の製品であります。(公式HP

値段はおおよそ定価で2500円、Amazonなど経由のセールで1800円程度で購入できますが、とにかくコンパクトかつ持ち運びにも耐えられるようにケースが頑丈に作られていたりと、まさに日本の気配りが出ている製品!

安物を買って失敗したりすぐ壊れたりするリスクを考えれば、これを買うのがめちゃオススメです!




国によって違うコンセントの形

スクリーンショット 2017-08-25 12.34.59

引用:http://www.cucoo-rental.com/plug.html

海外旅行、楽しいですけど準備を忘れてはいけないのが通信手段と充電手段の確保。
国によってコンセントの形は違います!日本に住んでいるとAタイプが普通でしょって思い込んでいますが、世界にはこんなにいろんな種類のコンセントがあるんですよね。

これを知らずに日本の充電器だけ持って行っても、アダプターがないとコンセントに刺せません!つまり旅行中ずっと充電できないってこと!

せっかくの旅行が台無しになりかねませんので、登場するのが今回の全世界対応アダプター。

全世界対応アダプタ使用感レビュー

私がこの便利な逸品の存在を知ったのは、海外Wifiをレンタルした時に充電器としてセットになっていたことから!みんなどうやって対応しているのかな〜違う国に行くたびに買っているのかな?と不思議だったのですが、謎が解けた気分でした。これ一個あればほぼ全世界対応

では詳しい性能を見て行きましょう。

とてもコンパクト!かつケースが強固!

IMG_5256

個人的には実は一番気に入っているのはこの頑丈かつおしゃれ、そして機能的なこのプラスチック?ケース。

楕円形に形どられていて、このアダプタがすっぽり嵌るように作られているんです。まさに寸分の狂いもない出来!

海外旅行って荷物が重かったりかさばったりすると途端に不便になるので、こうして持ち運びのサイズが極限まで小さくされているのは、この商品ならではの魅力

組み立て方もケースに紙が内蔵されている

IMG_5257

ケースの裏側にはアダプタの使い方とケースの収納方法がバッチリ記載。
さらにはQRコード付きで世界の電源・電圧情報のページにすぐにアクセスできるようになっています。まさに痒いところに手が届くような気遣い。

IMG_5259

本体を取り出すと簡単組み立てガイドが出てくる仕様。
わざわざ別紙で組み立てガイドをつけず、こうやって一体化させているところがすごくユーザー目線です。

IMG_5260

もちろんガイドは取り出すこともできますし、これを見れば組み立て方は一目瞭然!

実際のサイズ

IMG_5258

大きさは何と比較するか迷いましたが、nanacoにしました。
一般的なクレジットカードより少しだけ大きいというサイズですね。かさばらないのは本当に助かります。

全世界用に組み立ててみた

ここからは実際にアダプタを組み立てて、各国のコンセントの形にしてみます。

Oタイプ O2タイプ

IMG_5261
Oタイプ:オーストラリア・ニュージランド・中国など
O2タイプ:中国など

まずOタイプやO2タイプ、これらはコンセントがハの字型になっていますが、この白い部分を回すことでハの字に対応することができます。

IMG_5263

三口の最後の一つはこのようにL字型の部分を回転させれば大丈夫。
これらの国で仕様する時はこの一階部分だけ挿入すればOKです。

Bタイプ SEタイプ

IMG_5264

日本では全く馴染みのない、このコンセントが丸型のBタイプとSEタイプ。
これらの場合はアダプタの前半部分だけを使い、お尻に直接日本のコンセントを刺します。

Bタイプ:インド・中国・デンマーク・スウェーデンなど
SEタイプ:ヨーロッパ・韓国・インドネシアなど

B3タイプ

IMG_5267

その亜型の丸穴が3つあるタイプ。これはこのように組み立てます。
微妙に二つの丸の距離が違ったりするのですが、それはアダプタの白い部分を押せば調整できるようになっています。
IMG_5265

ハの字型プラグの方の根元にちょっと切れ込みが入っているのが見えるでしょうか?
この切れ込みと丸型プラグの切れ込みをすり合わせるようにして合体させる訳であります。

いや〜よくできてます。

B3タイプ:インド・中国・モンゴル・ケニアなど

BFタイプ

IMG_5266

横線が3つあるタイプのコンセントの場合は、先ほどの二階部分を逆向きに合体させます。
刺すとこ丸型だけど大丈夫?と思いますが、大丈夫です。

BFタイプ:イギリス・香港・シンガポール・中東など

詳しい各国の電源事情は公式HP参照

一例としてそれぞれのコンセントの形の国を紹介してきましたが、さらに詳しい各国の情報についてはROAD WARRIORの公式HPに載っておりますので、あの国どーなの?と気になる国がある方はこちらで調べてみてください。

スポンサーリンク



ところで電圧は大丈夫なの?

ところでコンセントの形にこれで対応できたとしても、電圧が違うからダメなんじゃないの?と思う方もいるかと思います。

確かに、日本の電圧は100Vですが、海外は国によって110-280Vと様々です。
ただ今の時代のパソコンやデジカメはほぼ幅広い電圧に対応しているため、多くの場合では追加の変圧器は必要でないことが多いです。

IMG_5268

例えばこちらはPCの電源アダプタですが、100-240Vと左上に書かれています
こうした機器では、その範囲の電圧の国であれば使用には問題ありません。ただ、特殊な機器を海外に持っていく必要がある場合には事前にチェックが望ましいと思います。

この辺りのさらに詳しい情報はこちらのHPに載っていますので、さらに気になる場合は参考にどうぞ。

まとめ

海外旅行に行く時には事前に通信手段と充電方法の確保が必要です。
今回ご紹介した全世界対応変換アダプターはとってもコンパクトでケースも頑丈!なので何も考えずにこれ一つバッグに入れておけば事足りてしまうという優れモノ

私自身もう4,5年は使っていますがどこへ行くにもほんとに重宝しています!
中途半端な安物でハズレを引くよりは、日本製ですし安心のコイツを買っておくのがオススメです。

2000円程度にしてはかなりの使い心地だと思いますよ〜。

さらに詳しい製品情報などはROAD WARRIOR公式HPへどうぞ。

こちらもどうぞ

変換アダプタは空港のラウンジなんかでも大活躍します。かなり共通型のコンセントに入れ替わりつつあるんですけど、未だに各国バージョンのところも多いです。

ラウンジ内でアイス食べ放題・選び放題!?シドニー国際空港:カンタスクラブ国際線ラウンジ

2017.08.13

旅行グッズとしてはこのセームタオルがオススメ!

これ一枚で荷物は激減!セームタオルは全ての旅人にオススメの一品

2017.09.13










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です