スポンサーリンク

壁からみかんジュース!今治タオルも選べちゃう。超充実の朝食が魅力の道後温泉「道後やや」宿泊記

旅行行きたいけどお金も時間もないっすよ!という場合はやっぱり週末旅行が現実的な選択肢。実際にやってみて面白かった・楽しかった週末旅行を適宜紹介していこうと思っているこのシリーズ。

今回は愛媛県は道後温泉への旅をご紹介しています。

おすすめ週末旅行①9000Aviosで行く週末道後温泉と鯛めしの旅〜

2017.08.16

この旅行で宿泊したのは「道後やや
いわゆる由緒ある温泉宿が多いこの地域で、モダンな内装、特徴的なおもてなしサービス、充実の朝食で有名になっているこのホテル、イチオシポイントは「壁からみかんジュース」と「今治タオル・バー」だと思うのですが、そもそも全体的なホスピタリテティが素晴らしい、そんなホテルでした!




抜群のロケーション

道後温泉一帯はそれほど大きくないので町全体がコンパクト。
中心になるのは「道後温泉本館」とそこへ続く商店街なのですが、道後ややは道後温泉別館である椿の湯まで徒歩3分、本館まで3分という抜群のロケーションです。

この辺りは浴衣を着てぷらぷら歩くのが楽しかったりするので、ホテルが中心街にあるのは結構重要だったりします。

道後ややのコンセプト

古典的な温泉宿が多い地域で、モダンな部屋と充実の朝食を武器に、あえて内湯は備えないというのが道後ややの特徴。そのコンセプトは・・公式より引用。

自由な旅をお楽しみください。
道後の街をもっともっと満喫していただきたい。
そういった思いのもと、当館は温泉施設を備えず、徒歩3分の椿の湯、徒歩5分の道後温泉本館までの散策をご提案しております。

その間には道後商店街を中心に様々な心踊る光景が飛び込んで来ます。
どこでご飯を食べようか、どこでお土産を買おうか、どこでご飯を食べようか。

ビジネスからファミリーまで様々なご利用に対応し、様々な宿泊スタイルをご用意しております。

ってわけでお一人様からカップル・ファミリーまで幅広く対応可能。
確かに朝食会場でもお姉さんの一人旅って方もちょこちょこおられたので、一人で温泉宿はちょっとな〜という場合にも気兼ねなく宿泊できますね

入り口に壁からみかんジュース

IMG_5099
レセプションは入り口入ってすぐなのですが、さっそくこいつがお出迎えしてくれます!

IMG_5118

壁からみかんジュース
おお〜みかんの国に来たんだなと実感しますが、結構愛媛では流行っているらしく、松山空港でも似たようなのを見かけましたねー

IMG_5117

もうちょっと近づいて見ましょう〜。
実際に現地に行くまでは、3つ蛇口があるので3種類のみかんジュースがあるのかな〜と思っていたのですが実際には温州(うんしゅう)みかんジュースの一種類

ちょっとジュースが出てくるのに勢いがないのですがそこはご愛嬌。お味はかなり濃厚!うっすいオレンジジュースとは訳が違います!

外湯に持参!選べる今治タオル・バー

IMG_5119
みかんジュースの向かい側が今治タオル・バーであります。

IMG_5120

こちらももうちょっと近づいて見ましょう〜。今治は日本最大のタオル生産地で全体のシェアの6割を占めます。最近では安い中国産などに押されているようで、高価格・高品質のものにスイッチしてきているようですが、今治タオルって本当にふかふかで気持ちいいんですよねー!(参考:wiki)

しかも製造元によってちょっとずつ触りごこちが違うんです。ちょっと固めからふかふかまで色々あるんですがここで借りて行くことで実際に試せるのは嬉しいです。

時間ごとに変わるおもてなしスペース

IMG_5126

いい試みだな〜と思ったのが、こちらがエレベーター前のおもてなしデスク。

IMG_5116

なんと時間帯によってサービスが変わり。

06:00-11:30 みかんラスク
15:00-19:00 野菜みっくすじゅーす
19:00- コーヒー牛乳
22:00- 鯛めしおにぎり

とバリエーションが多彩!どれも気になりますが、やっぱ夜の鯛めしおにぎりが気になりますよね〜!

IMG_5144

ふふふ、もちろんゲットしましたよ・・・!明らかに夕食で飲んだあと、小腹が空いた人向けのサービスだと思うのでさっぱりした味付け、かつ本当に一口サイズになっていて食べやすい!

ちょっとした気遣いが素晴らしいホテルだな〜とこういうところで感じます。

スポンサーリンク



お部屋の種類

さて、道後ややのお部屋の種類は4種類。公式に写真が乗っている3種類を順にご紹介すると、

ダブルルーム(13平米)
ツインルーム(17平米)
デラックスツインルーム(26-31平米)

となっており、ひとり旅ならダブルルームで十分、カップルや家族づれなら大きめの部屋を選べる方式。

事前のネット調査ではダブル・ツインルームだと昼からダラダラするにはちょっと手狭かな?と思ったのでデラックスツインを選択。これが正解でした!

デラックスツインルーム

IMG_5101

今回のお部屋は5階。エレベータを降りたらのれんとかがあって雰囲気があります。
うーん、全体的に新しくて綺麗でオシャレです。

IMG_5102

エレベーターホールで靴を脱ぐという珍しい方式!

まずはこちらの動画を見てもらうのが早いと思います。わずか1分なので、是非どうぞ!

IMG_5104

畳のリビングルームとベッドルーム、トイレ・バスから構成されています。

IMG_5105

ベッドルーム側から見るとこんな感じ

IMG_5106

ベッドルームは間接照明が基調で落ち着きます。
期待を上回ったのがこの「ややオリジナルマットレス」とテンピュール製「コンフォートピロー」のベッド!ちょうど体が包み込まれるような感じでめちゃくちゃ寝やすかったですね〜

IMG_5108

洗面台とシャワーがこちら側で、トイレは完全にセパレートなのが良い!
内湯を備えないってことだったので部屋にはシャワーはないと思っていたのですが、朝にシャワーをする派の我々にはこれは結構嬉しいポイント。

IMG_5110

こちらは冷蔵庫に入っているサービスのお水。
え、隣のビール?もちろん買ってきたやつですよ!

IMG_5111

お部屋でも煎茶が淹れられるのは嬉しいですよね、日本ならでは。ただ、コーヒーはなかったのでご注意を。

細かい案内の気遣いも嬉しい

チェックイン時に渡されるチケットや案内がこちら。
ここも思いやりの気持ちが出ていて良いな〜と思ったところ。書いてあることを抜粋すると・・
5

当館では道後温泉本館・神の湯階下・神の湯2階・椿の湯のご入浴券を販売して降ります。
いずれも石鹸・シャンプー類・タオルは有料でございます。

現地でお買い求め頂くか、当館よりご持参いただいております。
ご持参いただく場合はお部屋にご用意しておりますアメニティとフェイスタオルをトートバックに入れてお出かけくださいませ。

なお、バスタオルは1階フロント横のタオルバーでお好みのタオルを貸し出しておりますので、ぜひご利用ください。
ご利用後はフロント前の返却ボックスにお返しください。

とのこと。めちゃくちゃ親切ですよね!

IMG_5113

浴衣とトートバッグ。
これって本当にお客さんのマナーがいい日本ならですよね・・。今どき何も言わずに持って帰ってしまう客も多いと思いますから。。

IMG_5169

で、アメニティもみかんシャンプーにみかんボディソープにみかんコンディショナー
ここまでこだわってもらえると本当にわざわざ旅行に来てよかったな〜ここに泊まってよかったな〜って思いますよね!

超充実の朝食

さて、道後ややの魅力は超充実の朝食!

IMG_5146

サラダだけでこれだけ種類があります!

IMG_5147

ゴーヤだけでも緑と白が、キュウリだけでも普通のと白キュウリがあります笑

IMG_5149
ドレッシングも10種類から選べます!

IMG_5150

フルーツも、これまたスイカだけで4種類あります!

IMG_5152

ブッフェの料理はどれも美味しそう!

IMG_5155

この海鮮リゾットとかめちゃくちゃいい匂いで超うまかったんですケド!

IMG_5153

やっぱり温泉といえば温泉卵!こういう細かいツボが抑えられているのもこのホテルのいいところ。

IMG_5156

やっぱり生卵でTKG(卵かけごはん)でしょって派の方にも、これまた卵だけでこんな種類があります。

IMG_5158

こちらは宇和島の萬年味噌の味噌汁!
萬年味噌?ってなるかと思いますが詳しくはこちらのブログ参照。
四国産のはだか麦だけを100%使い、麹と塩だけで丁寧に造られた麦味噌の模様。麦味噌ってあんまり馴染みがないですけど、あまり出会わない食材に出会えるのも旅の醍醐味。

IMG_5164

で、さすがはみかんの国。このみかんマシーンはなんとマシーンの上にみかんをそのまま入れたら機械がオートですりつぶしてくれるというもの!文字通りすり潰し汁をそのままジュースとして飲めます!

IMG_5161

で、目玉焼きやタイの塩焼き、じゃこ天やフレンチトーストなどはテーブルごとで別にオーダーすることもできます!ブッフェスタイルがあまり好きでない人にも、これなら嬉しいですよね

道後やや
住所:愛媛県松山市道後多幸町6-1
ホームページ:http://www.yayahotel.jp/sp/
電話番号:089-907-1181

まとめ

週末だけで完結する国内旅行は考えるだけでも楽しいですよね〜
今回は愛媛県の道後温泉への週末旅行をご紹介しましたが、このホテル道後ややはいわゆる温泉宿とは一線を画した、でもホスピタリティとオリジナリティの溢れる宿で結構気に入ってしまいました。

どうしても内湯がないと嫌っていう方でなければ、朝食も充実していますしオススメです!

こちらもどうぞ

個人的2017年のベストホテル(今のところ!)

3階級特進!ヒルトン・サーファーズパラダイス・レジデンスで極上アップグレード宿泊記

2017.08.07










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です