スポンサーリンク

ラウンジ内でアイス食べ放題・選び放題!?シドニー国際空港:カンタスクラブ国際線ラウンジ

2017年の夏休みはマレーシア航空ビジネスクラスで行くオーストラリア
マレーシア航空はワンワールド・アライアンス所属なのでシドニーから出発する場合は、ビジネスクラス利用もしくはワンワールドのステータスを持っていれば、カンタス航空のラウンジ:カンタスクラブを使うことができます。

南半球最大級の都市シドニーの旗艦ラウンジなので、さすがの充実度合いでした。
中でも驚きはラウンジ内に無料のアイス・コーナーがある事とビールの種類の豊富さ!

ラウンジ内にいきなりサーティーワンが現れる感じです!笑
ちょっと時間不足で取材しきれなかった点がありますが、ラウンジ内部の様子をご紹介します〜

スポンサーリンク



シドニー国際空港(SYD)

IMG_3731

シドニー国際空港はまさにカンタス航空の総本山。
3つのターミナルから構成されており、ターミナル1が国際線、2がLCC、3がカンタス国内線となっています。

カンタスの国内線にもこの旅で乗りました。あまり普段縁がない海外エアライン乗るのって、いろいろ発見があって楽しいですよー。

カンタス航空国内線搭乗記【シドニー〜ゴールドコースト往復】QF860&QF865

2017.07.25
IMG_4709

今回はマレーシア航空利用なので、こちらでチェックイン・・・しますが、何を揉めてるんだか前に並んでいるインド人家族の時間が長いこと長いこと!上級チェックインカウンターなのに全然進まぬ。。

地上さん
Hi!どちらまで?
lekotori
関西っす。忙しそうっすね。。
地上さん
そーなのよ。。荷物は預ける?
lekotori
預けない。荷物少ないし。
地上さん
Easy!助かるわ〜

って事で前の組の処理に40分くらいかかってたのに我々はほんとに2分で終わりましたよ。。
荷物預けず、別切りの乗り継ぎなどがなければスムーズです!(日本のパスポートですしね)

カンタスクラブ国際線ラウンジ

スクリーンショット 2017-08-11 17.02.37

カンタス航空の公式HPはこちら
ラウンジ内の施設や入室条件などは公式に細かく載っているので、実際に行くのなら事前に目を通しておくと良いでしょう。ちなみに1分で紹介されている動画があるので、これを見るだけでなんとなーく雰囲気が掴めると思います。

参考までに、シドニー空港でのカンタスクラブ国内線ラウンジはこんな感じになっています〜。こちらも国内線ラウンジなのにパンケーキが焼けたり、バリスタサービスがあります!

これが国内線ラウンジ!?驚愕のシドニー国際空港・カンタスクラブを体験!

2017.07.24

入室条件

上記の公式HPに詳しく載っておりますが、ざっくり抜粋すると

カンタス・エミレーツのファーストかビジネスクラス客
カンタスクラブ・メンバー(オーストラリア・ニュージーランドの住民は年会費を払えば入れる:参照)
エミレーツの上級会員(プラチナ・ゴールド)
ワンワールド便のファーストかビジネスクラス客
ワンワールドのステータスホルダー(エメラルド・サファイア)

なので、JALの上級会員JGCを持っていれば、フライトがワンワールド運行便なら入室可能ですね!JGCを取得するための修行についてはこちらを参照です。

JGC修行解脱!JAL上級会員になる方法・そのメリットと費用【JGC修行の全て:2018年版】

2017.04.01

営業時間

05:00-22:00

場所

スクリーンショット 2017-08-11 17.11.28

公式の地図がありますが、ちょっとわかりにくいですね〜。
ざっくり言ってイミグレを抜けたらエスカレータがあるので、それで3階に上がったところにあります。

ラウンジ内施設

ラウンジダイニング・バーサービス・バリスタサービス・シャワー&トイレ・フリーWifi・iMac・・ファミリーゾーン・新聞雑誌

スポンサーリンク



内部の様子

IMG_4714

こちらはソファがメインのエリア。さすがに盟主カンタスのラウンジなので一番日当たりの良い場所にラウンジが設計されているのでとても明るくて気持ちがいいです。

IMG_4726

奥の方に行くと、グループ用のテーブル&ソファが中心になっています。
昼の12時頃の入室でしたが、それにしても混んでますね〜。

IMG_4725

カウンタータイプの席もあります。こちらは食事をとる人が中心。
明るいし広いしおしゃれ!でも人が多いな笑

フード類

IMG_4731

フード類もまずまず充実。チーズやスナック系から

IMG_4730

オーストラリアの焼きそばのようなガッツリ系まで

IMG_4737

メニューはざっくりこんな感じ。

IMG_4718

野菜やサラダ・果物が多かったですね。
オーストラリアはグルテンフリーなどこだわりのある食材が流行しているようなので、そんな事情もあるかもしれません。

なんとアイスの屋台?がある

4

で、驚きなのはこれ!これは屋台と言っていいのかよくわかりませんが、いわゆるサーティーワンのやつです笑 10種類くらいあるアイスの中から好きなやつを選んでスタッフに入れてもらう方式。

IMG_4728

あまり時間がありませんでしたが、ここはせっかくなのでいただきます。何味だったかな〜メロンだったような。。もちろんいろんな種類のMIXもできると思いますよ!

さすがにビールの種類が多い!

IMG_4729

このカンタスクラブで思ったのはビールの種類が多いな〜ということ!
こちらはビールサーバーに配置されているメジャービールたち。
左からハイネケン・Lashes Pale AleHahn Brewery。右の二つはオーストラリアのビールです。これで終わりかと思ったら・・

IMG_4721

冷蔵庫の中にもいろんなビールが小瓶でたくさん冷やされています!
オーストラリア・ビールの飲み比べがここでタダで出来ちゃいますね〜。私はビールサーバーのHAHNとXXXX Beerという(写真の左端に写っている黄色いやつ)を飲みましたが・・・時間切れでぜんぜん飲み足りませんでした笑

IMG_4717

もちろんリカー類もあります!が、私自身がビール党なのでビールの種類の多さに目移りしてしまったのでこちらはこの一枚のみ・・・申し訳ない!

まとめ

カンタス航空のお膝元、シドニーのカンタスクラブラウンジは流石の大きさと充実度でした。
中でも特筆なのはアイス食べ放題とビールの種類の豊富さですかね〜。

時間が足りなくてシャワーなどの取材もできなかったのが残念ですが、そもそも香港などと違って地理的な理由上、シドニー経由でどこかに行くってあまりなさそうですからシドニーのラウンジの機能は案外、必要最低限でいいのかな〜とも思いました。

こちらもどうぞ

今回のマレーシア航空ビジネスクラスで行くオーストラリア旅行の目次はこちら。

【目次】マレーシア航空格安ビジネスクラスで行くオーストラリア:シドニー・バイロンベイ・ゴールドコーストの旅【リンク集】

2017.08.17

この前後のマレーシア航空ビジネスクラスの様子はこちら。

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西〜KUL〜シドニー】MH53&MH123

2017.07.17










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です