スポンサーリンク

これはオススメ!シドニーフィッシュマーケットでオイスター三昧!

2017年の夏休みはマレーシア航空ビジネスクラスで行くオーストラリア
まずシドニーから入って翌日にゴールドコーストに移動しますが、シドニーでどうしてもやりたかったことはシドニー・フィッシュマーケットで牡蠣をたらふく食べて(昼から)ビールを飲むこと

これぞまさに正しい休日の過ごし方と言って良いでしょう〜ここは本当にオススメです!オーストラリアの青い空、青い海に囲まれながら新鮮なオイスターを好きなだけ食べる、ってこれだけで幸せです。あ、もちろん牡蠣以外にもエビでもカニでもありますよ〜。




シドニー・フィッシュマーケット

IMG_3588
シドニー・フィッシュマーケットはシドニーの築地のような存在。新鮮な魚介類を扱うお店が集まっています。所狭しと並べた海鮮から好きなものを選んで、その場で調理してもらえます!オーストラリアの公式HPはこちら

アクセス

フィッシュマーケットはシドニーの中心部からは少しだけ離れたところにあります。
アクセス方法は電車、UBER(タクシー)、徒歩の主に3種類。

もっとも一般的なのはセントラル駅からLight Railという路面電車に乗り、Wentworth Parkで降りて向かう方法。シドニーの公共交通機関はわかりやすいので、これでいいと思いますがセントラル駅まで出ないといけないのが少々面倒。

なので、オススメはUBERですね。

IMG_4811

フィッシュマーケットからウエスティン・シドニーまで約7分、9.3オーストラリアドル。1AUD=88円で計算すると818円。二人だと400円なので安いし早いし確実に最短で着くので2人以上ならば個人的にはUBERが良いかなと思います。

見取り図

スクリーンショット 2017-07-19 11.41.30

フィッシュマーケット全体の見取り図は公式HPのRetailersのページからpdfでダウンロードできるので、前もってダウンロードしておくと良いでしょう。そしてこのRetailersのページにお店の一覧もあるのでこれまた事前に見ておくと良いと思います。

マップ右上のRetail Arcadeと書かれた部分がアーケードになっているところで、一際活気のあるエリアです。今回はその中にある11 NICHOLAS SEAFOODSさんと13 PETER’S FISH MARKETさんに主にお世話になりました。

営業時間

営業時間は上記の公式HP Retailersのページにそれぞれのお店の営業時間が書いてあるので、そちらが詳細ですが、だいたいほとんどのお店が月曜から日曜までAM6時からPM5時までとなっています。

4

昼からは混むという事前情報でしたが、私が今回13時頃行った時には確かに混んではいたものの、席が見つけられないというほどではありませんでした(曜日によるかもしれませんが)

フィッシュマーケット内部の様子

IMG_3586

駐車場側にもたくさんの店がありますが、やっぱり屋内のお店の方が活気がありましたでしょうか。

IMG_3565
入り口には陽気なおじさん(の人形)が立っています。
IMG_3570

こちらにも陽気なおじさん。
IMG_3539
中はすごい活気です!

IMG_3568

所狭しと刺身や貝、海老蟹が並べられています。いや〜どれを食べたらいいのか迷っていましますが〜

IMG_3583
カニがぎゅうぎゅう詰めにされています!皇帝蟹179.9AUD=15800円なり。
爆買いさんたちはこれ一杯買って調理してもらってましたね〜うらやまし!

IMG_3567

そしてこれですよ!オイスターバー。くっくっく、たまりませんなぁ。

スポンサーリンク



オイスターの種類

さて、ここではいろんな海鮮が置いてありますがやっぱりオイスターにフォーカスしてご紹介します。オイスターはそれぞれ1ダースもしくは半ダース売りが基本となっています。

Sydney Rock Oyster

IMG_3580
まずはシドニーの名物。シドニーロックオイスター
ちょっと小ぶりなのが特徴ですが、中身は濃厚!一口サイズなのもあって6個くらいだとすぐ無くなってしまいます。お値段は1ダース(12個)で19AUD=1670円。これははっきり言ってお得価格じゃないでしょうか!

Grande Pacific Oyster

IMG_3578

続きましてPacific OysterGrandeと付くだけあってこちらはかなりでかいサイズ。一口では食べきれない大きさといば伝わりやすいでしょうか。半ダース(6個)で35AUD=3000円。さすがにでかいのでいい値段しますが、美味いです!

Pacific Oyster

IMG_3582
こちらは上記のPacific Oysterのちょっと小さいバージョン。こちらだと12個で24AUD=2110円。こっちでも十分でかいのでこれまた値打ちのある価格かなと。私たちは二人で量も食べたかったのでまずはこちらにしました(のちにもちろんお代わりしましたが笑)

炙りもありますよ!

IMG_3574

牡蠣の他に気になったのは、これ!
貝柱のチーズ炙り焼き。目の前で調理しているので、めちゃいい匂いしてるんですよ〜これ!お値段は3つで12AUD=1050円

3

炙りシリーズは牡蠣もあるのですが、ここは貝柱をいただきました!
美味しかったですよ〜!

IMG_3575

ただ、チーズに紛れて貝柱の量が少ない笑。ご飯で量が水増しされて降り、凄まじい原価率の低さと思われます笑

ビールはこちらで調達

IMG_3563
オーストラリアではお酒類は酒屋さんで購入することになっています。
なのでお酒はお向かいのFisherman’s Fine Winesで購入。

青空の下で食べましょう!

IMG_3546
お目当のものを購入したら外にテーブルがたくさんあるので、天気がよければ外で食べるのがオススメです!(ただし海のそばなのでカモメが大量にいますので、鳥が苦手な方は要注意)

IMG_3543

新鮮なオイスターにレモンをたっぷりかけて飲むビール(アサヒもありました!)。
まさにサイコー!大満足です。

まとめ

シドニーに行ったら絶対行きたかったフィッシュマーケットと牡蠣三昧
あっちを見てもこっちを見ても美味しそうなものばかりで、もっと食べたかったなあというのが実際の感想!いや〜食べ物は日本が最強と思っていますが、ここはかなりいい線行ってましたよ〜オススメ!

こちらもどうぞ

今回のマレーシア航空ビジネスクラスで行くオーストラリア旅行の目次はこちら。

【目次】マレーシア航空格安ビジネスクラスで行くオーストラリア:シドニー・バイロンベイ・ゴールドコーストの旅【リンク集】

2017.08.17










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です