スポンサーリンク

【いつかは行きたい】利尻島・礼文島のウニが最高と聞いて〜ふるさと納税でも大満足!

ふるさと納税をどのように使うかは個人の好みだと思うのですが、大量のお米を狙ったりコスパを追求したいと思う一方で、日常生活では絶対高くて買わないでしょって食材を狙って食べるのが個人的には好きです。

色々おすすめがあるとは思いますが、今回は北海道は礼文島のウニを頂きました!
夏の北海道は美味しいものがいっぱいと聞き、行ってみたいと考えたもののちょっと週末だけでは厳しそうだったので・・・いつかは実際に行ってみたいな。。




きっかけはメールマガジン

今回利尻島・礼文島のウニに目をつけたきっかけはメールマガジンからの情報でした。
世界の旅情報満載の高城未来研究所のQ&Aコーナーから読者の「夏に北海道か東北に行きたいんですけどどこがおすすめですか?」という質問に対する高城さんの答え。

高城さん
7月後半から9月前半まで、北海道は美食の季節。ミョウバン浸けしてない本物のウニなど、美味しいものが満載です。そこで、オススメは利尻島です。

美食の北海道といえど、夏の利尻がダントツに美味しい&楽しい。なによりお求めである日本有数の涼しい場所です。

次点が観光地ですが小樽。世界一人口比で寿司屋が多い街が小樽で、僕が好きなのは立ち食い寿司のハシゴです。

いつもゴールは、BGMがスティービーワンダーしかかかってない立ち食い寿司で、ゴールというよりハマります。ぜひ、良い旅を!

2017年5月19発行・高城未来研究所 Future reportより引用。

ぬぬぬぬ、世界を飛び回ってる高城氏が言うならその利尻島のウニは相当に美味いに違いない!しかし利尻島ってどこだったっけ?

利尻島ってどこかしら?

利尻島は北海道は稚内からフェリーでいける小さな島。稚内の西にあるんですね、確かに存在は存じ上げていましたが、これまで旅行先として考えたことはありませんでした・・・が、そんなに美味いものが食べられるなら行ってみたい!

行き方を調べる

なので、実際に現地に行って食べる方法を考えます。
色々調べて見ると一番わかりやすかったのはハートランドフェリーさんの公式HP

利尻島行き方2 利尻島行き方2

つまり、利尻島まで飛行機で入るか、もしくは稚内からフェリーかどちらかということですね。

飛行機で利尻空港へ行く方法

まず利尻空港へ直接乗り入れる方法。これは利尻富士町のHPにしっかり載っています。
JAL 丘珠空港ー利尻空港(50分)1日1往復(季節より増便)、36席
ANA 新千歳空港ー利尻空港 1日1往復、126座席 6月1日~9月30日の季節運行

ANA?千歳から行けるならマイルで行けるのでは!と思いチェック。

スクリーンショット 2017-06-22 21.36.56

おお、確かにマイルで予約できそうです。片道6000マイル・往復12000マイルだけど。。(有償だと往復32000円)
行きが13:10-14:00。
スクリーンショット 2017-06-22 21.41.28
帰りは14:35-15:25。千歳から関西に帰る事を考えるとむしろ親切なダイヤ。
けどなあ〜せっかく行くのにこりゃ土日だけだともったいないかな?たまりやすいANAマイルとはいえ、実滞在時間24時間と考えると消費マイルもそこそこ大きい。。

稚内からフェリー

次に稚内まで行ってフェリーで行くとするとどうなのか?

スクリーンショット 2017-06-22 21.46.11

フェリーはハイシーズンは一日3便。朝に出て夕方に帰ってくることができるダイヤですね。
ちなみに稚内まではというとこれまたANAの直行便がありまして

スクリーンショット 2017-06-22 21.51.17

羽田からなら直行便が1日2便。これ東京限定ですけど、東京からなら案外行きやすいかも。
しかし、東京以外からスタートとなると・・・。

とりあえずふるさと納税で我慢

と、色々調べましたがさすがに距離があるので関西から週末弾丸旅行するには厳しいかなと判明しました・・週末3日使えれば伊丹ー新千歳ー利尻でスムーズに行けそうですけど、安く済ませるにはもうちょっと研究が必要です。

まあ思いつきでいける範囲ではなさそうなので、ここはふるさと納税の登場です。

礼文町

これまた色々調べましたが君に決めた!礼文町のキタムラサキウニ。
礼文島は利尻島のお隣の島です。利尻よりも礼文の方がうにが良さそう品揃えだったので今回はこちらをチョイス。

スポンサーリンク



礼文島直送絶品生うに!

IMG_3298 (1)

注文してから2週間くらいですかね、実際に海で採れたら出荷しますから不在日だけ教えてね。というスタイル。冷蔵便で届きます。

IMG_3301

おおお、出ました!まさに塩水に浸かったままの生うに!
遠〜い北海道の北の島の新鮮なものが自宅で食べれるなんて、なんて便利なんでしょうふるさと納税・・・。

IMG_3303

塩水でパックされているので、パックを外し、ざるの上に乗っているうにだけの状態にして5分ほど放置してから頂きます!

IMG_3305

お供はもちろんあれですよ、海鮮丼。
安心してください、ちゃんと夕方のタイムセールでお安くゲットしたものですよ。

IMG_3306

頂きます!・・・溶けますわ、コレ
口の中で溶けた後にすごいうにの味が充満します。後から来るタイプ。
ウニの臭みが嫌いな方もいるかと思いますが、このウニは全く臭みがありません、甘くて濃厚!

あまりに美味すぎて丼に乗せるのはやめて、海鮮丼をさっとかきこんだ後、ビールとウニ単体で美味しく頂きました

まとめ

利尻島・礼文島のウニは最高というひょんなところから得た情報。
ぜひ現地で食べてみたかったのですが、関西からだとちょっと週末旅行にはきついかなということでふるさと納税で食べてみました。いやー最高です。日本に生まれてよかった。

こちらもどうぞ

北海道・厚岸の牡蠣のふるさと納税もおすすめです!

【ふるさと納税】あぁサイコー。厚岸のふるさと納税で生牡蠣三昧【おすすめ】

2017.03.07









2 件のコメント

  • ウニは美味しいですよね。

    礼文島のウニもいいですが、積丹の夏に解禁となるウニも絶品です。
    by.北海道へ転勤して2年生より

    • >岡田さん
      コメントありがとうございます。
      礼文島のウニ本当にうまかったです!淡路島で食べた黒ウニが絶品過ぎてそれ以来ウニにはまってます。
      積丹のウニがおすすめなんですね!いい情報をいただきました、ありがとうございます。
      北海道はほんとに美食ですよね!ぜひ食べる方法を考えたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です