スポンサーリンク

【SPGアメックスで行く】アロフト・バンコク・スクンヴィット11宿泊記

バンコクのSPGホテルはシェラトン・ウエスティン・ルメリディアン・アロフトと一通りがバンコク中心部エリア内に充実しているのですが、この中でも一際安くて目立っているのがアロフト

明らかに他に比べて安いので、これで大丈夫なのか?ということを気にしている方もいるかと思います。

結論からいきますと、ばっちり充分満足ステイができます

今回はそんなアロフト・バンコク・スクンヴィット11に宿泊してきたのでレビューします。

スポンサーリンク



アロフト・バンコク・スクンヴィット11へのアクセス

バンコクのアロフトはその名の通りスクンヴィット通り近くにあります。

最寄駅はBTSのナナ駅、MRTだとスクンヴィット駅になりますがちょっと距離があるのでBTSに乗り換えて行くのが良いでしょう。

IMG_1702

昼間であればこんな感じの通りをまっすぐ歩いていくことになります。

IMG_1690

ちなみにこれはホテルに着いてから備え付けの案内を見ていたら、ナナ駅もしくはスクンヴィット駅まではトゥクトゥクで送ってもらえるようです。朝6時から夜10時までと書いてありますね。

スワンナプーム国際空港からは昼間で、かつ荷物が少なければ電車で行くのが安く仕上がります。詳しくは下記の記事を参照です。

バンコク・スワンナプーム国際空港から電車で市内へ行く方法【170円くらいで行けます】

2017.01.11

今回は夜23時頃に到着の便だったのでUBERを利用しました。

空港からアロフトまで300バーツ(請求額は992円)。細かな通りに入るまでは渋滞もなくスムーズでしたが、スクンヴィット通り周辺は深夜0時過ぎになっても人がわんさかいるので最後はちょっと渋滞。

それでも30-40分程度で到着しましたので、費用と快適さを考えればUBERはお得感がありますのでおすすめです。

スポンサーリンク



チェックインなど

アロフト・バンコク
ちょっと大丈夫かと思ってしまうような派手なこの外観。
周囲は思いっきり歓楽街なので非常に馴染んでいます笑
いや、なんとなくワクワクしてしまいます!

IMG_1667

入ってすぐにフロントがありますのでこちらでパスポートとSPGアメックスを提示してチェックインです。

SPGアメックスはこれ一枚持っているだけでSPGのゴールド会員、毎年無料宿泊券がもらえるという旅行好きには夢のような一枚。そのメリットなどなどはこちらの記事になります。

SPGアメックスは実際どうなの?お得な使い方のまとめと2年使ったリアルな感想。

2017.10.13

最低価格で宿泊するためにすでに会計はオンラインで終わっているはずなのに受付のおねーさんに「1部屋?」と聞かれます。謎。

アップグレードというか、今回は高層階にアサインしていただきました。30階。
そしてゴールド会員用特典はボーナスポイントを選択。
アロフトでのボーナスポイントは250ポイントではなく125ポイントになります。
公式参照。)

お部屋の中

IMG_1671

アロフトはエレベーターの中もいちいちおしゃれです笑

IMG_1672

さて、お部屋の中を見てみましょう。

IMG_1673

お部屋は中央にどーんとキングベッドがあり、その前に大きな窓。

IMG_1678
かなり広いベッドで、オープンスペースも大きめなので開放感があって過ごしやすいです。

IMG_1682

こちらのソファも座りやすくてなかなかナイス。
窓からバンコクの夜景を一望できます。

IMG_1679

デスク周り。ライトもこれまたいちいちおしゃれです。

IMG_1674

IMG_1677
洗面台とシャワー。
バスタブはありませんので、どうしてもバスタブがないと嫌!という人は要注意です。
私は普段からほとんどシャワーなので、全く問題ありませんでした。

IMG_1681
備え付けのミニ・バーはこんな感じの品揃え。
後述しますが1階に売店があるので下で買ってくるので十分でしょう。

スポンサーリンク



ホテル施設を見学

翌日朝にホテル内を探索。

ウエスティングランデの時もそうでしたが、朝食はつけないプランにしてしまったので朝食の写真はありません。

どうしても現地調達の方が安い気がしてホテルの朝食プランをつけないことが多いんですよね・・・ブログ的には朝食必須だと思うのですが。

屋外プール splash

さて、アロフト・バンコクにもプールがあるということだったので行ってみます。

IMG_1692

日本は1月で寒波真っ盛りでしたが、さすがバンコク。全く浮世離れした光景が繰り広げられています。

主にお客さんは西洋人の皆さんですね。夜フロントでチェックインする時には大陸系の方々もいましたが、こうやってプールにでてくるのは西洋人がメインのようです。

ちなみに皆さんお部屋で水着に着替えてからプールに降りてきているようでしたのでこれから行く方は水着を着てから降りるのが良いと思います。

IMG_1694

プールサイドにはバーカウンターとソファースペースがあり、本格的にプールに入らずとも南国の空気を浴びながらくつろぐことができます。ただここはジーパンではあんまり雰囲気を楽しめないなあというのが実際のところ。

せめてTシャツ・短パンを持参して、夏仕様で行くのが正しい楽しみ方と言えるでしょう。

今回は荷物を極限まで減らそうとして短パンを持参しなかったのはミスでした・・・

フィットネス re:charge

その隣にはジムもあります。

IMG_1696

特に従業員がチェックする形式ではないようなので自由に入って自由に出るスタイルです。

売店 re:fuel by Aloft

1階にはちょっとした軽食屋さんというか売店があります。

バンコクでは深夜はコンビニでお酒が買えませんので、夜中チェックインした後はここでビールを買って飲みました。
(瓶ビールですが、お部屋に栓抜きがないのでお店で栓を開けてから持って帰らないといけません)

IMG_1669

w xyz bar

横には2階に上がる階段があるので、これを登るとw xyzというバーに行けます。
結構頻繁にハッピーアワーの企画などもあるので時間帯によっては安くお酒が飲めると思います。

IMG_1670
案内はこんな感じでエレベーター内でも宣伝があります。
今回は深夜便で疲れていたので部屋飲みにしました。次回以降突撃したいと思います。

まとめ

バンコクのSPGホテルの中でも一際安めのアロフト・バンコク・スクンヴィット11。
予約した段階では大丈夫かなあと思っていましたが、はっきり言って十分すぎる内容でした。

注意点としては
・繁華街の真ん中にあるので夜の繁華街が嫌いな人にはちょっと辛いかも
・バスタブがないのでバスタブ必須の人は難しい
・周りが繁華街で深夜までクラブなどの運営の音がするので低層階だとちょっと音が気になるかも。

といったところでしょうか。

個人的には思ったほど危ない場所柄でもありませんでしたし(旅行者の西洋人がたくさん出歩いており、メイン通りだけ歩いていればそこまで危険は少ない印象)、部屋は十分広くてアメニティも完璧。

ウエスティンに比べると駅から若干歩くというのがマイナスポイントですが、旅慣れていれば問題を感じないかと思いますので、総合するとかなりおすすめと言えるでしょう。

あ、小さい子供づれだとちょっと雰囲気が辛いかもしれませんね・・・

【SPGアメックスで行く】ウエスティングランデ・スクンヴィット・バンコク宿泊記

2017.01.15

こちらもどうぞ

ウエスティン・スクンヴィットの方がBTSには近いので、安さならアロフト、立地ならウエスティンでしょうか。

【SPGアメックスで行く】ウエスティングランデ・スクンヴィット・バンコク宿泊記

2017.01.15










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です