スポンサーリンク

バンコク・スワンナプーム国際空港:キャセイパシフィック航空(CX)ファースト・ビジネスクラスラウンジ訪問記

2017年 JGC(JALグローバルクラブ)修行中にバンコクへ往復してきました。
発券様式などはこちらの記事になります。

バンコク・スワンナプーム国際空港はタイ国際航空(TG)の本拠地。
本拠地のラウンジは各社気合いがはいっているものですが、残念ながらTGはスターアライアンス系列。

私はANA SFCでスターアライアンス・ゴールドメンバーではありますが今回はバンコクー関西はマレーシア航空の利用だったので、評判の良いキャセイパシフィック(CX)ラウンジへ行ってきました。

スポンサーリンク



キャセイラウンジの場所・営業時間・入室資格

キャセイラウンジは3階のコンコースD,E,F,Gへの交差点、航空会社のラウンジが集まる3階にあります。

img_1412
2015年6月にリノベーションされたばかりのキャセイラウンジ。

営業時間:最新情報はこちらのキャセイ公式HPを参照してください。

9月16日まで
月水金日: 04:00 – 01:45 (CX706 departs at 0205)
火木土: 04:00 – 01:00 (CX706 departs at 0120)

9月17日以降
月水金: 04:00 – 18:30
火木土: 04:00 – 01:00
日曜: 04:00 – 22:30

入室資格についても公式はこちら。
キャセイ便のビジネスクラス利用者はもちろん、ワンワールドのビジネスクラス利用者も利用可能。

またワンワールドのステータスホルダー(サファイア・エメラルド)でワンワールド便を利用する時でも入室できます。
つまりJGC(JALグローバルクラブ)ホルダーなら入室可能ですね。

 

さて、バンコクではチェックイン時にこのような入国審査のプレミアムレーン入場券とラウンジアクセス券が渡されます。

img_1393
チェックインカウンターのお姉さんにはCIPラウンジを案内されます。

CIPラウンジはプライオリティパスでも入室可能。
せっかくビジネスに乗るなら航空会社ラウンジに行きたいところ。
お姉さんの話はスルーしてキャセイラウンジに向かいます笑

潜入開始

まず入り口。入ったら受付におにーさんがいて、ニーハオ!と歓迎されます。

img_1411

ステータス持ちじゃないけど大丈夫かな〜と思っていたけど、搭乗券を見せたらあっさりスルー。

入って左側がヌードルバー、右側がラウンジコーナーになります。

img_1399

カウンターにメニューが立っているのでこれを見て注文します。
今回は番号札を渡されました。

%ef%bc%91
カウンター方式とテーブル方式の好きな方から席を選択。
今回は時間帯が良かったのか結構空いていて快適でした。

img_1398
飛行機が見える窓側の席に着席。
キョロキョロしているうちにおっちゃんに番号を呼ばれます。

img_1400
ワンタン麺をチョイス。カウンターに薬味もあるので自由にトッピングできます。
いやーうまい!ワンタンは身がしっかりしてるし、麺の量も小ぶりなのが逆にちょうどよくて最高。もう一回言っとこ。最高。

img_1407
麺を食べた後はダイニングコーナーを見学。
スタッフが一人専従している感じで、細かく料理を足したりしていました。

img_1408
これはおしゃれなサンドイッチ!
この横にwifiのアドレスとパスワードを書いた紙なども置いてあります。
うーん、クールな置き方です。

img_1410
ラウンジ側にバーカウンターがあります。
ここでカクテルなども注文できます。

%ef%bc%92
いろんなタイプの椅子があるので好きなやつに座りましょう。
私は奥に写っている緑色の椅子がふかふかでとても気に入りました笑

img_1409
トイレもホテル並みに綺麗ですね〜

まとめ

JGC修行でバンコクへ行くことがある方にはキャセイラウンジは超オススメです。
落ち着いた雰囲気、ヌードルバー、バーカウンター・・・さすがラウンジに力を入れているキャセイ。

せっかく旅行に来たのに日本人ばっかりは嫌だよーという方にはなおさらオススメ。
居心地の良さが抜群でした。
またJGC解脱後に行きたいラウンジの一つとなりました。

こちらもどうぞ

キャセイに乗ってJGC修行するならキャセイホリデーが比較的安くなっております。

キャセイホリデー:キャセイのビジネスクラスに乗ってJGC修行

2016.12.22










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です