スポンサーリンク

マレーシア航空シェフ・オンコールの利用法

JGC(JALグローバルクラブ)修行を行うにあたって利用するマレーシア航空格安ビジネスクラス

ビジネスクラス以上に搭乗する場合には事前に食事の選択が可能なんです。
名付けてシェフ・オンコール。
今回実際にやってみたので実際の流れと注意点などをまとめてみます。

スポンサーリンク



マレーシア航空格安ビジネスクラスについて

マレーシア航空はJALと同じワンワールド所属なのでマイルはJALのマイル・FOPにつけることができます。

通常であれば修行にはJAL運行便を利用する方が加算倍率があるためJAL運行便に乗る方が有利なのですが、極端に安い運賃を発見できればマレーシア航空運行でもJGC修行に利用することができます。

マレーシア航空は比較的ビジネスクラスを安売りしていることが多いですが、日本発着便では機会は少ないです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-9-44-06
例えばですが、今現在(2017年1月)時点では上記のように発着をソウル(仁川)、目的地をシンガポールにするとまあまあ安いかなという値段が出てきます。

ちなみにこの区間ICN-KUL-SINの区間マイルはmilage calculatorで2860+213=3073マイルなので、JALの獲得FOPは3073×1.25(ビジネスクラス)×2(往復)=7682FOPとなります。

FOP単価は12.6。もう二声くらい安くしてもらわないと修行には使いにくいですね。

私が発券した時はバンコク発着でセールを行なっており、往復72000円でした。

バンコク発券であればちょこちょこと同様のセールがあると思いますので定期的にチェックされてはいかがでしょうか。バンコクまでどうやっていくか?については下記の記事をご参考ください。

バンコク発券マレーシア航空 格安ビジネスクラスでJGC修行

2016.11.29

シェフ・オンコールについて

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%95
さて、そんなマレーシア航空のシェフ・オンコールについて。
公式の注意文があるのでざっくり訳をつけてみますのでご参考にどうぞ。

・シェフオンコールはファーストクラスかビジネスクラスのお客さんだけ利用できます。クアラルンプールから出発するか、下記の都市から到着する便で利用できます。

ロンドン・シドニー・パース・メルボルン・アデレード・オークランド・インチョン・北京・上海・成田・関西

・最初の出発便の24時間以内に予約が必要です。
もし帰りのフライトが30日以上先ならメールください。

・予約した食事がなかった場合はフライトによって積んである食事になります。

・予約した後にやっぱり変更したい場合もメールください。

・こちらの都合で食事のセレクトが変わることがあることをご了承ください。

選べるメニューについては公式ページの下の方にpdfでダウンロードできるリンクがあるので、ここから内容をあらかじめチェックすることができます。

スポンサーリンク



予約はこちらから

予約をしていると予約時に登録したメールアドレスに搭乗一週間ほど前に案内メールがきます。

今回私はメンバー登録せずに予約を入れたのですが、問題なく案内メールがきていましたのでメンバー登録は不要そうですね。

ちなみに、ネットで検索すると一週間前にメールが来ると言われているのに、全然来ないなあと思って直接公式HPに行って予約情報を入れると普通にログインできたので、案内メールが来る前にオーダーをいれることも可能だと思います。

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%95%ef%bc%92
画面の指示に従って入力していきます。

First Name(名前) Last Name(苗字)
Contact No(電話番号) 81(日本の国番号です)-(最初の0をのぞいた電話番号:携帯で大丈夫)
E-mail (予約時に入力したメールアドレス)
Booking Reference(予約番号:予約を入れた直後にマレーシア航空からメールで添付されているはずです)

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%95%ef%bc%93%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

そうすると予約の詳細情報画面になります。
ここではクアラルンプールー関空のみの情報が出て来るようです。

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%95%ef%bc%94%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

次にそれぞれのフライトで食事の内容を選ぶ画面になりますので、これを選んで終了です。

実際のマレーシア航空ビジネスクラス搭乗記はこちら

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【関西〜KUL〜シドニー】MH53&MH123

2017.07.17

マレーシア航空ビジネスクラス搭乗記【バンコク-クアラルンプール】MH783

2017.01.13

トラブルシュート

と、これで概ねOKなのですが、私自身が操作した時はなぜか次の画面に進めませんでした・・・

まあいっか〜と思ったりもしましたが、関空へ戻って来る便は朝6時台到着なのでまあ食事はそんなにいらないけど、クアラルンプールへ行く便は昼11時発なのでお腹減ること確実です。

なので結局公式にメールしてオーダーすることに・・・むむむ。

下記はネイティブスピーカーのチェック済のメールの文面です。
(英会話の先生に直してもらった)
同様のトラブルがある方がいるかはわかりませんが、必要に応じて雛形に使ってください。

DearI booked your Business Class ticket.
I’d like to order chef-on-call,
but I seem to be having a problem with your homepage.My order is as below.
(ここにオーダーの内容を書いてください)Booking reference (予約番号を書いてください)Best regards

まとめ

マレーシア航空のシェフ・オンコールサービス。
クアラルンプールから出発するか到着する便で、最初の出発便の24時間前までに予約する必要があります。日本語情報が若干少ないようなのでまとめてみました。
何か問題がある場合はkulccm@malaysiaairlines.comへメールすればOKです。

こちらもどうぞ

JALの上級会員:JGCのメリットのまとめについてはこちら

JGC修行解脱!JAL上級会員になる方法・そのメリットと費用【JGC修行の全て:2018年版】

2017.04.01

海外旅行には英語ができた方がいいですよね・・・

旅行レベルの英語を身につけるための勉強法〜もし今から嫁にイチから教えるなら〜

2017.09.26









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です